前橋育英 健大高崎 ライバル

今年のセンバツ甲子園、群馬県からは前橋育英と健大高崎の2校が選ばれたので群馬県内はちょっと盛り上がっている感じです。
私が群馬県に在住なので。

群馬県の高校野球勢力は、少し前までは桐生第一が強い時代がありました。
正田投手で夏の甲子園優勝した頃とか。
その後、桐生第一野球部員の不祥事事件があって以降、元気がなくなってしまった印象です。

その後に強くなってきたのが前橋育英と健大高崎という印象です。

先に甲子園の土を踏んだのは健大高崎だったと思います。
「機動破壊」と呼ばれる程の機動力野球は全国でも有名になったと思います。

前橋育英は平成25年夏の甲子園に初出場。
現西武ライオンズの高橋光成投手を擁して初出場初優勝を成し遂げました。

この2校は今はライバル関係と言っていいと思います。
昨年(平成28年)は春季大会、夏季大会、秋季大会、全て県大会決勝のカードはこの2校でした。
そして、去年決勝の結果はすべて前橋育英の勝利。健大高崎はかなり意識しているのではないでしょうか。

両校とも、秋の関東大会でベスト4という結果でセンバツの切符を手にしました。

過去のセンバツの成績で言うと健大高崎の方がベスト4が1回、ベスト8が1回と相性が良いようです。
秋は横浜を破ってますし自信になっているのではないでしょうか。

前橋育英はセンバツは6年前に1度出場していますが初戦敗退でした。
ただ今回は夏との連続出場にもなりますし、経験値は増していると思います。

履正社高校 安田尚憲(やすだ ひさのり)

東の早実・清宮に対して、西の履正社・安田と呼ばれるくらいの長距離スラッガー。
既に高校通算45本のホームラン。

2年夏の甲子園では3試合で12打数4安打(内2長打)。
ホームランは出なかったが打率.333。

明治神宮大会の決勝、早稲田実業戦では3ランホームランを放つなど、優勝に貢献。
センバツ甲子園での活躍が楽しみです。
所属:履正社高校
ポジション:三塁手(右投げ左打ち)

生年月日:1998年7月30日
出身地:大阪府吹田市
出身中学:吹田市立豊津中学校(レッドスターBC)

身長:188cm
体重:92g

不来方(こずかた)高校野球部 センバツ甲子園出場

21世紀枠でセンバツ甲子園出場が決まった岩手県の不来方(こずかた)高校。

正直、読めませんでしたね。
高校野球って地名の勉強にもなるので、不来方(こずかた)という読み方勉強になりました。

でも、不来方(こずかた)って現存する地名ではないようですね。
不来方(こずかた)町とか、あるのかと思ったらそうじゃないんですね。

不来方(こずかた)高校は県立高校ですが、学校がある場所は岩手県紫波郡矢巾町。
調べてみると、昔の地名みたいですね。
その不来方高校野球部。
この秋は、岩手県大会を準優勝。東北大会は八戸学院光星に2-0で初戦敗退という成績。

野球部員はわずか10人だそうです。

ダークホースとして甲子園で活躍できますかね。

2017年センバツ甲子園出場校

2017年センバツ甲子園出場校が決定しましたね。
とりあえずメモ!

■北海道(1校)
札幌第一(南北海道) 道大会優勝

■東北(2校)
仙台育英(宮城) 東北大会優勝
盛岡大付(岩手) 東北大会準優勝

■関東・東京(6校)
作新学院(栃木) 関東大会優勝
東海大市原望洋(千葉) 関東大会準優勝
前橋育英(群馬) 関東大会ベスト4
健大高崎(群馬) 関東大会ベスト4
早稲田実(東京) 都大会優勝
日大三(東京)  都大会準優勝

■北信越(2校)
福井工大福井(福井) 北信越大会優勝
高岡商(富山) 北信越大会準優勝

■東海(2校)
静岡(静岡) 東海大会優勝
至学館(愛知) 東海大会準優勝

■近畿(7校)
履正社(大阪) 近畿大会優勝、神宮大会優勝
神戸国際大付(兵庫) 近畿大会準優勝
大阪桐蔭(大阪) 近畿大会ベスト4
滋賀学園(滋賀) 近畿大会ベスト4
報徳学園(兵庫) 近畿大会ベスト8
智弁学園(奈良) 近畿大会ベスト8
高田商(奈良) 近畿大会ベスト8

■中国・四国(5校)
宇部鴻城(山口) 中国大会優勝
市呉(広島) 中国大会準優勝
創志学園(岡山) 中国大会ベスト4
明徳義塾(高知) 四国大会優勝
帝京五(愛媛) 四国大会準優勝

■九州(4校)
福岡大大濠(福岡) 九州大会優勝
東海大福岡(福岡) 九州大会準優勝
秀岳館(熊本) 九州大会ベスト4
熊本工(熊本) 九州大会ベスト4

■21世紀枠(3校)
不来方(こずかた)(岩手) 岩手県大会準優勝
多治見(岐阜) 岐阜県大会優勝
中村(高知) 高知県大会優勝

岡田俊哉

WBC侍ジャパンのメンバーに中日ドラゴンズの岡田俊哉投手が選ばれました。
私の印象としては、智弁和歌山高校時代の印象が強いですね。

智弁和歌山では1年生から活躍。
甲子園には合計4回出場しているのかな?

左投手だし将来的にも楽しみな投手だと思っていましたが、個人的に気になっていたのは体の線の細さですね。
でも心配なかったようですね。
現在でも身長179cmで体重65kg。プロの中では細身。それでもWBC代表に選ばれるくらいですから。

WBCでは、おそらく貴重なワンポイントやセットアッパーとして小久保監督は考えているんでしょう。
こういう左投手は使い勝手がいいですからね。本番での活躍を期待したい。
所属:中日ドラゴンズ
ポジション:投手(左投げ左打ち)

生年月日:1991年12月5日
出身地:和歌山県日高郡美浜町
出身高校:智弁和歌山高校
出身中学:松洋中(日高マリナーズ)

身長:179cm
体重:65kg

ロッテ 涌井秀章 年棒2億5000万円で更改

ロッテの涌井秀章投手が3000万円増の2億5000万円で契約更改ですか。
本人も満足の様子。結婚したし良かったね。

それにしてもロッテに来てから涌井投手は安定してますね。
西武時代もエースとして活躍したけど、スキャンダルの辺りから下降気味だったけど、ロッテに来て一回り成長した感じ。
精神的な成長が大きい印象ですね。
結婚して家庭が落ち着いて野球に集中できれば、まだまだ安定して2桁勝てるかな。

WBC 藤浪晋太郎

3月に行われるWBCの追加メンバーが発表されました。
今回追加されたのは

【投手】ロッテ石川歩(28)、ソフトバンク千賀滉大(23)、阪神藤浪晋太郎(22)、中日岡田俊哉(25)、楽天松井裕樹(21)、オリックス平野佳寿(32)

【捕手】巨人小林誠司(27)

【外野手】中日平田良介(28)

気になるのは藤浪晋太郎投手。
小久保監督はどう使う気なんでしょう?

先発候補には日本ハム大谷、巨人菅野、楽天則本、ロッテ石川の4人を考えているらしい。
ってことは中継ぎや抑え?

経験もないし、制球に課題がある藤浪には不向きな気がするけど。
リリーフなら、他にもっと経験豊富な投手いると思うけど。

ダルビッシュ有 ツイッター

ダルビッシュ有投手のツイッターは勉強になりますね。
野球人なら、絶対にフォローしておいた方がいいと思います。お勧めです。

ダルビッシュ投手が、どれだけ勉強しているのかが良く分かります。

野球論だけでなく根拠のあるトレーニング方法、人体の仕組み、栄養学など凄く参考になります。

自分自身が勉強しているから、巷にあふれる都市伝説的なトレーニング方法や、勉強不足の記者が書いた記事など鋭く見抜いて指摘します。

もう先生ですね。
下手な評論家では議論にならないレベルだと思います。

阪神 ショート ポジション争い

今年の阪神の注目ポイントの一つがショートのポジション争いですね。

去年は鳥谷選手がサードで、北條選手が主にショートを守りましたが、今年は再び鳥谷選手がショートを希望。
鳥谷選手の去年の不調はコンバートの影響もあったんでしょうかね?
守りのリズムとバッティングのリズムは関係あるって言うし。本人はそういう意識もあってショート希望なんでしょうけど。

さらに、大卒プロ2年目の板山祐太郎選手もショートにチャンレジするそうです。
阪神のショートポジション争い激化ですね。
この争いが良い方にでれば阪神としてはいいことだと思いますが。

ソフトバンク 工藤監督 3約年契

ソフトバンクの工藤公康監督が新たに今季から3年契約を結んだそうです。

長期でチーム作りをすることは大事だと思うので、工藤監督はやりやすくなるでしょうね。

ただ勝負の世界は厳しいですから、もし成績が悪ければ途中で辞めざるを得ない状態になることもありますから、気は緩まないと思いますが。
ソフトバンクはバックアップがしっかりしている球団なので、チーム作りはしやすいでしょうね。