元木大介コーチ 年棒

今年の巨人のベンチの映像を見ると、原監督の近くに元木ヘッドコーチと吉村作戦コーチの顔がよく映る。

去年からコーチ就任している元木コーチ。
去年は内野守備打撃コーチという肩書きだったので3塁コーチボックスにいる画をよく見かけましたが、今年はヘッドコーチに昇格。だから原監督のそばにいるんですね。
で気になったのが、吉村コーチの方が先輩だけど年棒ってどっちの方が高いんだろう?

コーチの年棒を載せているサイトを探してみるとサンスポで発見。
それによると元木コーチの年棒は推定4000万円。それに対して吉村コーチは推定3000万円。
やっぱり先輩・後輩とかの経験年数よりも現ポジションに対するお給料ってことなんでしょうね。
元木コーチも去年はそんなに貰ってなかったでしょうし、出世したってことなんでしょう。

にしても調べてみると巨人はコーチの年棒も高めのようですが、他球団はそんなに高くないようです。
1000万円から2000万円くらいって情報も。
どうなんだろう?このくらいの年棒なら、私立の名門高校野球の監督でも貰ってそうな気もするが・・・

阪神 西勇輝 開幕先制ホームラン

ようやく2020年のプロ野球が開幕。
昨日は野球ファンには楽しい一日でしたね。

私は巨人・阪神戦を観ていたのですが、阪神の開幕投手、西勇輝投手には可哀想な試合でした。
6回まで1失点で素晴らしい内容のピッチング。
打っては菅野から先制ホームランを打って、2打席目はタイムリー。

矢野監督は逃げ切れる計算だったんでしょうけど、これが近代の野球の展開ですね。