明石商業 来田涼斗(きた りょうと)

来田涼斗(きた りょうと)

所属:明石商業高校
ポジション:外野手(右投げ左打ち)

生年月日:2001年11月3日
出身地:兵庫県神戸市
出身中学:長坂中(ヤング・神戸ドラゴンズ)

身長:180cm
体重:82kg

1年春からレギュラー。
1年夏の甲子園でも八戸学院光星戦で2安打の活躍。

2年春のセンバツ。
準々決勝、智弁和歌山戦で先頭打者ホームランとサヨナラホームランを放つ。

昭和のスピードガンと平成のスピードガン

大船渡高校の佐々木朗希投手が163キロを投げたと話題になっていますね。
大谷翔平超えの高校生最速は素直にスゴイと思います。

ただ、こういう話題になるといつも気になってしまうのは、今のスピードガンと昔のスピードガンの性能です。
平成時代に入って高校生でも150キロを超える投手が何人かでてきました。
さすがに今の時代のスピードガンは相当高性能だと思うので、それはそれで素直に評価できると思います。

気になるのは昭和時代のスピードガンです。
私が野球を始めた80年代。150キロを超える投手なんてプロ野球選手でもなかなかいませんでした。
当時は中日の小松投手が150キロを計測して話題になっていた記憶があります。

当時巨人のエースだった江川卓投手が伝説のオールスター8連続奪三振を記録した時、私もテレビで見ていましたがオールスターに選出される程のトッププロでもバットに当たらないくらいの伸びのあるストレートを投げていました。
それでも球速は145キロくらいだったと思います。

今の高校生が投げる150キロは速いですが、甲子園では高校生がバットに当てています。
あれを見るとスピードガンの性能に疑問を感じちゃいますね。
平成時代のスピードガンが正しいとするならば、昭和時代のスピードガンの性能はどうだったのか?

江川投手や小松投手は普通に150キロ台出てたんじゃないの?
それ以前のスピードガンが無かった時代は仕方ないにしても、昭和時代と平成時代のスピードガンを同列で語るのは違うように感じます。

東邦高校 ブラスバンド 大阪桐蔭

センバツ高校野球、愛知県の東邦高校が広島の広陵を破ってベスト8進出。
今年の東邦は強そうですね。

ところで気になったのが応援のブラスバンド。素晴らしい迫力!
レベル高い応援だな~と思ったら、なんと大阪桐蔭のブラスバンドが友情応援してるらしいですね。
どおりで納得です。

大阪桐蔭のブラスバンドはレベルが高くて有名ですからね。
今大会は出場していませんが去年の春・夏優勝校でもあり、甲子園での応援にも慣れているでしょう。
早くも去年流行った「USA」とか取り入れているし。

イチロー引退

さすがに今朝はイチロー選手引退のニュース一色って感じですね。
スターとして、いい引き際だったのではないでしょうか?あれだけ声援を浴びたのですから。

改めてスゴイ選手でしたね。
歴史的選手で、今後イチロー選手を超えるような選手が私が生きている間に出てくるでしょうか?
イチロー選手と同時期に生きられたことに幸せを感じます。

とりあえず現役引退ということで選手としては一区切りだと思いますが、イチロー選手のことだから今朝も起きたら普通に練習してそうですね。
致命的な怪我で引退したわけではないし、イチロー選手のことだから引退しても一生練習してそうな気がします。ルーティーンを大事にする選手だから。

これで国民栄誉賞を受賞してくれることでしょう。
イチロー選手、お疲れ様でした。

プロ野球選手 ユニフォーム着こなし

私がプロ野球を見始めた80年代は、どの選手も同じようなユニフォームの着こなしをしていました。
今のプロ野球選手の着こなしとは全然違います。時代と共に流行があるんでしょうね。そこには科学的根拠もあるんでしょうけど。

■アンダーシャツ

まずユニフォームの上半身、上着の部分。
大きく違いを感じるのはアンダーシャツです。
アンダーアーマーが出てきてから一気に人気になった、肌にぴったりしたアンダーシャツは昔はなかった。

そして私が羨ましいと思うのは、今のアンダーシャツは一色でTシャツっぽくなっている点ですね。
昔は袖の部分だけ黒や紺色などの色になっていて、隠れている胴体の部分は全部真っ白でまるで下着のような感じでした。
アンダーシャツだけ着ているとダサかった。今のはTシャツっぽいからいいよね。

■パンツスタイル

昔と一番の違いを感じるのはパンツスタイルです。
80年代のプロ野球選手は、パンツ(ズボン)丈はふくらはぎくらいまでで、ストッキングとアンダーソックスが見えるのが当たり前でした。
それが90年代くらいから、だんだんパンツ丈が伸びて行き今では完全にストッキングが隠れているスタイルが半数以上じゃないでしょうか。

もしくはイチロー選手のようにストッキングを見せる着こなしの選手もいますが、見えているのはストッキングだけでアンダーソックスまでは見えないタイプ。
この着こなしは、特に脚の速い野手に多いですが投手ではほぼ見かけませんね。メジャーでは見かけますが。

今のプロ野球選手のパンツスタイルはこの2通りですね。
80年代はこの中間って感じでしたが、今は極端にどっちを選択するかって感じですね。
野手はどういう基準でタイプを選んでいるんでしょうか?

例えば今年の注目ルーキーで見比べてみると、同じショートでも中日の根尾選手はパンツ丈が長いタイプのユニフォームを着ていますが、広島の小園選手はストッキングが見えるタイプを選択しています。
動きやすさにどれだけ違いがあるんでしょうか?

この先もユニフォームの着こなしスタイルは変わって行くんでしょうね。10年後、20年後今の着こなしを見た時どう感じるんでしょうか?

ちなみに高校野球は昔からほぼ変わっていませんね。
アンダーシャツの素材は変わっていますが、パンツスタイルにはほぼ変化はありません。
と言うか、高校野球ではくるぶしが隠れてるほど長いパンツはルール上ダメなんだと思います。
高校野球では色など制限が細かいですからね。

阪神 木浪 聖也(きなみ せいや)

木浪 聖也(きなみ せいや)

所属:阪神タイガース
ポジション:内野手(右投げ左打ち)

生年月日:1994年6月15日
出身地:青森県青森市
出身大学:亜細亜大学
出身高校:青森山田
出身中学:青森山田中学(硬式野球部)

身長:178cm
体重:80kg

亜細亜大学卒業後、社会人野球のHondaへ。
2018年のドラフト3位で阪神タイガースへ入団。

イチロー 2019

久しぶりにイチロー選手のプレーを日本で見られて嬉しいファンが多いと思います。
同年代として私も応援したいですが、今日のプレーを見ても流石に全盛期が凄すぎただけに衰えは否めないようですね。
今日の3打席も、どちらかと言うと打ち取られたというより、イチロー選手自身が仕留め切れていない印象を感じました。
全盛期なら打ち損じるような球じゃないように見えました。

歴史的な偉大な選手だけに、引き際は自身で決めて欲しい気がしますが。

清宮幸太郎 骨折

清宮幸太郎くん右手首骨折だったのか。
今年は開幕スタメンも有力だと思って期待していましたが残念。
一番悔しいのは本人だと思うが。

仕方ないね。
切り替えてまずは完治を目指して欲しい。

小園海斗 プロ初ホームラン

広島のルーキー小園海斗選手がオープン戦でプロ初ホームラン!
でましたね。

守備は問題なさそうですし、これでパンチ力のある打力が安定してくれば1軍定着だけでなくショートのレギュラーも見えてきそうですね。
もちろん田中選手も黙っていないでしょうが、打力の潜在能力は小園くんの方が高そう。
小園くんが経験を積めば世代交代は時間の問題って気がしますね。それが今年なのか来年なのか3年後なのか?