高校BIG3 2016

今年2016年、高校BIG3と呼ばれた3投手がすべて散りましたね。

2016年高校BIG3と呼ばれていたのは、藤平尚真(横浜)寺島成輝(履正社)高橋昂也(花咲徳栄)の3投手。

横浜の藤平と履正社の寺島の両投手は、2回戦で直接対決し履正社の勝ち。
履正社は次の常総学院に敗れる。

花咲徳栄の高橋投手は今日、作新学院に敗れて3投手とも甲子園を去ることになりました。

 

思ったのは3投手(3校)とも負け方が同じ。
負けた試合はすべて先発はエースを温存し、先行を許してからリリーフで登板するも追いつけずに負ける結果となってしまいました。

これがトーナメントの怖さですね。
先を考えると連投のリスクを避けるために、できるだけ早めに温存したかったのでしょうけどそれが裏目に出てますね。

ま、プロのスカウトは逆に消耗を避けられたので喜んでいるかもしれませんが。

将来性を取るか、目の前の1勝にすべてを賭けるか。将来性のある素材だけに難しい問題ですね。