根尾昂(ねお あきら)

根尾昂(ねお あきら)

所属:大阪桐蔭
ポジション:投手、内野手、外野手(右投げ左打ち)

生年月日:2000年4月19日
出身地:岐阜県飛騨市
出身中学:古川中(飛騨高山ボーイズ)

身長:177cm
体重:75g

大阪桐蔭では1年夏からベンチ入り。
1年秋の秋季大会では4番を打ち、智弁学園戦ではスコアボード直撃のホームランを放つ。

中学時代は飛騨高山ボーイズでプレー。
3年時にはNOMOジャパン入り。
中日本代表で出場したボーイズ世界大会では優勝。

またスキーの腕前も凄く、中学2年時には全国中学校スキー大会で優勝しているそうです。

50m6秒0の俊足で、走攻守3拍子そろった身体能力が高い万能選手という表現がぴったりの素材。
それだけにポジションはまだはっきり決まっていないようです。
一応ショートが本職のようですが、ピッチャーとしても高い能力を選手。

センバツでの全国デビューが楽しみな選手です。

ヤクルト 成瀬善久 開幕絶望

ヤクルトの成瀬善久が開幕絶望!

19日、DeNAとの練習試合で3回を投げた後、脚に違和感を訴えていたのか。
診断の結果は左内転筋肉離れ。

開幕は無理みたいですが、肉離れならそんなにかからずに戻ってこれるのではないでしょうか。
GWくらいに戻ってこれればいいですね。

とりあえず肩、肘よりは一安心かな?

強豪高校のコーチ陣

今年のセンバツ甲子園出場校を見ても分かりますが、やっぱり私立の高校が強い。
21世紀枠を除くと、公立高校で出場を決めたのは5校だけ。

強豪校に私立が多いのは何故か?
公立高校と私立の違いって何なのか?

施設面や選手層など色々と理由はあると思いますが、指導者の違いって大きいような気がします。

先日紹介した健大高崎。
>> 健大高崎 機動破壊

学校のホームページを見ると、監督だけでなくたくさんのコーチ陣が紹介されています。
>> 健大高崎野球部の公式HP

一瞬ビックリしました。
まるでプロ野球みたい。

それこそ独立リーグのチームより指導者数だけなら充実しているのではないかと思います。
強豪の私立高校って、どこもそうなんでしょうか?
私も元高校球児ですが公立高校だったので、もちろん監督が指導しますがコーチはOBが時間があるときに来てくれて教えてくれる程度でした。

コーチの人数はもちろん学校によって違うとは思いますが、強豪校のコーチは将来的に監督を目指す方とか優秀な指導者が多いんでしょうね。
有名なのは元横浜高校の小倉清一郎部長ですかね。

プロ野球ではないので、表向きは指導者と言えば監督の名前くらいしか出てきませんが、強豪校には裏で支えるプロフェッショナルがたくさんいるんでしょうね。
チームって監督と選手だけでなく、コーチ陣も含めての組織力。それがチームの力なんでしょうね。

と考えると、優秀なコーチをたくさん抱えられる私立高校は、そりゃー強くなるわな。と実感しました。
公立じゃ難しい。

松坂大輔 紅白戦登板回避

いやな予感がしますね。
19日に紅白戦登板を予定してたいソフトバンク松坂大輔投手が登板回避だそうです。

キャンプ序盤からかなり投げ込んでいるって報道されていましたが、その反動が出たのかな?

元々たくさん投げたいタイプの投手ですよね。
2年間働けていないし、復帰したい気持ちは分かりますが、焦ると反動も怖い。

このままフェードアウトしなければいいが。

久保裕也 楽天合格

DeNAをクビになった久保裕也投手。
楽天にテスト生としてキャンプに参加していましたが、合格したらしいですね。

頑張って欲しいな。
巨人時代のような活躍ができれば楽天にとっても嬉しいと思う。

戦力として十分活躍してくれることを期待します。

健大高崎 機動破壊

健大高崎高校の”機動破壊”

全国でも有名になった機動力野球ですが、私は以前からチョット気になっていました。

「どうして毎年、脚の速い選手がいるのか?」

毎年選手が替わるのに、毎年”機動破壊”を貫けるって、脚が速い選手が都合よくそろわないとできませんよね。
他校だって脚が速い選手が欲しいのは同じなのに、どうして健大高崎だけ走れる選手が毎年いるのか?
そんな疑問が「中学野球太郎」を読んで解決しました。
健大高崎にはトレーニング専門のコーチ、塚原謙太郎さんって方がいるんですね。
塚原さんは野球部創設時からトレーニングを担当しているそうで、機動破壊の基礎はここから生まれているそうです。

塚原さんは東北福祉大、日本生命でピッチャーとして活躍。
現役引退後、専門学校でトレーニング法を一から学び現在に至るそうです。
東北福祉大ってことは青柳監督の後輩になるのかな?

元中日・巨人の正捕手 中尾孝義氏が専大北上高監督に

元中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツで正捕手として活躍した中尾孝義氏が岩手県の専大北上高校の野球部監督に就任ですか。
これはスゴイ。

今まで元プロ野球選手が高校野球の監督に就任する例はありましたが、ここまで1軍でバリバリレギュラーで活躍した選手の高校野球監督って例があるんでしょうか?
自分の中では、ちょっと記憶にない。

自分の中で中尾選手の印象は巨人に移籍した頃ですね。
中日の正捕手が巨人に移籍。当時の巨人の正捕手は山倉。
山倉選手もプライドを見せ「正捕手を譲る気はない」という発言をしていましたが、結果中尾選手が正捕手獲っちゃったもんな。
キャッチャーとしてはバッティングが良かったよな~
中尾孝義氏は現在60歳。
普通の先生なら定年の歳に監督就任。
ってことは先生ではないってことですね。野球部監督専任ってことなんでしょうね。

資格関係がよく分かりませんが、日刊スポーツによると
「学生野球回復制度の研修を受け、7日に日本学生野球協会の適性認定を受けていた。」と書いてあります。

これを受ければ野球部監督の資格が得られるみたいですね。
受験資格もあるんでしょうね?

アンジャッシュ渡部 高校野球の本

アンジャッシュ渡部建さんが昨年だした「知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。」って本を読んでみました。

面白い本ですね。
勉強になることもたくさん書いてありました。

たぶん高校野球に詳しくない人でも読みやすいと思います。

出版のタイミングが2016年、夏の甲子園前なので渡部さんの予想的な事も書いてあります。
今となっては答え合わせもできます。

大阪桐蔭高校野球部 上下関係

最近、YouTubeで昔のPL学園の裏事情などをよく見ています。
相当厳しかったようですね。当時のPL学園内部は。
完全な寮生活で付き人制度。あの番長清原の世話をすると想像するだけでイメージが沸いてしまいます。

野球強豪校ってどこもそうなのかな?と思って調べてみると、最近は強豪校でも事情は変わってきているようですね。

最近の野球強豪校と言えば代表的なのが大阪桐蔭高校だと思います。
藤浪投手時代に春・夏制覇。プロ野球選手もたくさん排出しています。

その大阪桐蔭高校は、意外と上下関係が厳しくないそうです。
確かに藤浪投手とバッテリーを組んでいた森友哉捕手(現・西武)は1学年下。
でもテレビとかで見ても、藤浪投手とほぼタメ口に近い会話をしているのを見たことがあります。
おかわり君(西武・中村剛也)と中田翔選手の会話も上下関係をあまり感じませんでした。

大阪桐蔭高校は理不尽な上下関係よりも、本来の野球が上手くなることに重点を置いた指導方針みたいですね。
だから選手はのびのびできる。それがプロに行っても飛躍する選手が多い理由の一つなんでしょうか?

ただ、一方でのびのび野球の弊害?もあるようです。
大学に進学した選手は、あまり伸びていないとか。
進学した大学が昔ながらの上下関係が厳しい野球部だと、ついていけない選手も生まれているそうです。

野球は上手くても高校生はまだまだ未熟な年齢。あまりにものびのびし過ぎるのも弊害があるのかも知れません。

いずれにしても今後高校野球の世界に入っていく中学生以下の野球少年には、進学希望の学校がどんな風習の野球部なのかチェックはしておきたい点ですね。

侍ジャパン 守護神

侍ジャパンのメンバーが決まりましたが、私が気になるポイントの一つが守護神ですね。
誰が侍ジャパンの守護神を務めるのか?
どうやら一人に決めない方針らしいですね。
権藤投手コーチの考えでは、平野(オリックス)、松井(楽天)、秋吉(ヤクルト)の3人で回す守護神複数案のようです。

この3人はシーズンでもリリーフが本職ですから経験で言えば普通か。
WBCの大会自体が短期での戦いになるから、あえて一人に決めずに流れに合わせて使うってことなんでしょうね。
ただ短期決戦だからこそ、ファンとしては贅沢な程の絶対的守護神がいると見ていてワクワクしますし期待してしまう。
第2回大会のダルビッシュ投手のように。

私の個人的希望は、それが大谷だったら盛り上がるな~~と思っていたのですが、残念ながら辞退。

ここに来て、則本案も浮上しているそうなので、その辺はちょっと期待してしまう。

ちなみに、テレビでダルビッシュ投手は千賀と武田を推奨していました。
確かにメジャーでは見られない決め球を持っているという点は魅力ですね。

 

> 第4回侍ジャパンメンバー