日本ハム 2016年優勝

日本シリーズ、日本ハムの優勝で終わっちゃいましたね。
日本ハムファンの皆さん、おめでとうございます。

広島は地元に戻ってきて巻き返したいところだったと思いますが、日本ハムの勢いが勝ったということかな?

中立の野球ファンとしては、最終戦にもつれ込んで黒田対大谷の先発で盛り上がれば野球全体が盛り上がるかな?と思ったのですが。

栗山監督も、そのイメージがあったから第6戦の先発を大谷にしなかったんでしょうね。
大谷を最終戦の切り札にとっておいて、アウエー戦を乗り切ろうという作戦だったんでしょう。
そういう意味では第6戦、大谷を使わず優勝を決めた日本ハムには多少余力がったのかな?

カープファンは地元で黒田投手の最終登板が見れなくて残念でしたね。

秋季高校野球関東大会ベスト4 2016年

今日行われた準々決勝で、なんと群馬県勢が神奈川県勢を撃破。
やるな~

慶応(神奈川1) 3-4 前橋育英(群馬1)

慶応|000|300|000| = 3
育英|000|002|011| = 4

作新学院(栃木1) 9-1 中央学院(千葉2)

作新|220|010|4XX| = 9
中央|001|000|0XX| = 1

東海大市原望洋(千葉1) 5-2 山梨学院(山梨1)

望洋|001|020|020| = 5
山学|010|000|001| = 2

健大高崎(群馬2) 5-2 横浜(神奈川2)

健大|100|130|000| = 5
横浜|001|100|000| = 2

秋季高校野球関東大会 2016年

2016年、秋季関東大会はベスト8が出そろいました。

東海大市原望洋(千葉1位)-山梨学院(山梨1位)
前橋育英(群馬1位)-慶応(神奈川1位)
横浜(神奈川2位)-健大高崎(群馬2位)
中央学院(千葉2位)-作新学院(栃木1位)

秋季高校野球東北大会 2016年

2016年、秋季高校野球東北大会は仙台育英(宮城)が優勝。
準優勝は盛岡大付(岩手)。
センバツ出場の目安は東北からは例年2校は出場しているので、2校はほぼ当確と言っていいでしょう。

決勝(10/19)

仙台育英(宮城1) 6-2 盛岡大付(岩手1)

仙台育英|104|000|010| = 6
盛岡大付|000|001|010| = 2

(仙)長谷川、佐川、西巻 (盛)三浦瑞、平松

準決勝(10/18)

聖光学院(福島1) 1-3 仙台育英(宮城1)

聖光学院|010|000|000| = 1
仙台育英|000|020|01x| = 3

(聖)堀田 (仙)長谷川

酒田南(山形2) 4-5 盛岡大付(岩手1)

盛大付|010|001|210| = 5
酒田南|002|000|011| = 4

(盛)三浦瑞、平松 (酒)阿部

ドラフト会議2016

セ・リーグ

広島
× 田中正義 投手 創価大
× 佐々木千隼 投手 桜美林大
1 加藤拓也 投手 慶大
2 高橋昂也 投手 花咲徳栄
3 床田寛樹 投手 中部学院大
4 坂倉将吾 捕手 日大三
5 アドゥワ誠 投手 松山聖陵
6 長井良太 投手 つくば秀英

巨人
× 田中正義 投手 創価大
× 佐々木千隼 投手 桜美林大
1 吉川尚輝 内野手 中京学院大
2 畠世周 投手 近大
3 谷岡竜平 投手 東芝
4 池田駿 投手 ヤマハ
5 高田萌生 投手 創志学園
6 大江竜聖 投手 二松学舎大付
7 リャオ・レンレイ 投手 開南大(台湾)
育成ドラフト
1 高井俊 投手 独立L新潟
2 加藤脩平 外野手 磐田東
3 山川和大 投手 独立L兵庫
4 坂本工宜 投手 関学大
5 松原聖弥 外野手 明星大
6 高山竜太朗 捕手 九産大
7 堀岡隼人 投手 青森山田
8 松沢裕介 外野手 四国IL・香川

DeNA
× 柳裕也 投手 明大
× 佐々木千隼 投手 桜美林大
1 浜口遥大 投手 神奈川大
2 水野滉也 投手 東海大北海道
3 松尾大河 内野手 秀岳館
4 京山将弥 投手 近江
5 細川成也 外野手 明秀学園日立
6 尾仲祐哉 投手 広島経済大
7 狩野行寿 内野手 平成国際大
8 進藤拓也 投手 JR東日本
9 佐野恵太 内野手 明大
育成ドラフト
1 笠井崇正 投手 独立L信濃

阪神
1 大山悠輔 内野手 白鴎大
2 小野泰己 投手 富士大
3 才木浩人 投手 須磨翔風
4 浜地真澄 投手 福岡大大濠
5 糸原健斗 内野手 JX-ENEOS
6 福永春吾 投手 独立L徳島
7 長坂拳弥 捕手 東北福祉大
8 藤谷洸介 投手 パナソニック

ヤクルト
1 寺島成輝 投手 履正社
2 星知弥 投手 明大
3 梅野雄吾 投手 九州産
4 中尾輝 投手 名古屋経済大
5 古賀優大 捕手 明徳義塾
6 菊沢竜佑 投手 相双リテック
育成ドラフト
1 大村孟 捕手 BC・石川

中日
順 氏名 位置 所属
1 柳裕也 投手 明大
2 京田陽太 内野手 日大
3 石垣雅海 内野手 酒田南
4 笠原祥太郎 投手 新潟医療福祉大
5 藤嶋健人 投手 東邦
6 丸山泰資 投手 東海大
育成ドラフト
1 木下雄介 投手 四国IL・徳島

パ・リーグ

日本ハム
× 田中正義 投手 創価大
× 佐々木千隼 投手 桜美林大
1 堀瑞輝 投手 広島新庄
2 石井一成 内野手 早大
3 高良一輝 投手 九産大
4 森山恵佑 外野手 専大
5 高山優希 投手 大阪桐蔭
6 山口裕次郎 投手 履正社
7 郡拓也 捕手 帝京
8 玉井大翔 投手 新日鉄住金かずさM
9 今井順之助 内野手 中京

ソフトバンク
1 田中正義 投手 創価大
2 古谷優人 投手 江陵
3 九鬼隆平 捕手 秀岳館
4 三森大貴 内野手 青森山田
育成ドラフト
1 大本将吾 外野手 帝京五
2 長谷川宙輝 投手 聖徳学園
3 田城飛翔 外野手 八戸学院光星
4 森山孔介 内野手 藤沢翔陵
5 清水陸哉 外野手 京都国際
6 松本龍憲 内野手 崇徳

ロッテ
× 田中正義 投手 創価大
1 佐々木千隼 投手 桜美林大
2 酒居知史 投手 大阪ガス
3 島孝明 投手 東海大市原望洋
4 土肥星也 投手 大阪ガス
5 有吉優樹 投手 九州三菱自動車
6 種市篤暉 投手 八戸工大一
7 宗接唯人 捕手 亜大
育成ドラフト
1 安江嘉純 投手 BC・石川
2 菅原祥太 投手 日本ウェルネススポーツ大

西武
1 今井達也 投手 作新学院
2 中塚駿太 投手 白鴎大
3 源田壮亮 内野手 トヨタ自動車
4 鈴木将平 外野手 静岡
5 平井克典 投手 ホンダ鈴鹿
6 田村伊知郎 投手 立大

楽天
1 藤平尚真 投手 横浜
2 池田隆英 投手 創価大
3 田中和基 外野手 立大
4 菅原秀 投手 大体大
5 森原康平 投手 新日鉄住金広畑
6 鶴田圭祐 投手 帝京大準硬式
7 野元浩輝 投手 佐世保工
8 石原彪 捕手 京都翔英
9 高梨雄平 投手 JX-ENEOS
10 西口直人 投手 甲賀健康医療専門学校
育成ドラフト
1 千葉耕太 投手 花巻東
2 南要輔 内野手 明星大
3 向谷拓巳 内野手 関西・兵庫
4 木村敏靖 投手 履正社医療スポーツ専門学校

オリックス
1 山岡泰輔 投手 東京ガス
2 黒木優太 投手 立正大
3 岡崎大輔 内野手 花咲徳栄
4 山本由伸 投手 都城
5 小林慶祐 投手 日本生命
6 山崎颯一郎 投手 敦賀気比
7 飯田大祐 捕手 ホンダ鈴鹿
8 沢田圭佑 投手 立大
9 根本薫 外野手 霞ケ浦
育成ドラフト
1 張奕 外野手 日本経済大
2 榊原翼 投手 浦和学院
3 神戸文也 投手 立正大
4 坂本一将 内野手 BC・石川
5 中道勝士 捕手 明大

大谷翔平 サインミス

日本シリーズ始まりましたね。
日本ハムの先発は大谷翔平ですから、広島は厳しいかな?と思いましたが、結果は5-1で地元広島の勝利。
広島の勢いを感じますね。地元ですしね。

広島は2回、1アウト、1・3塁からディレードスチールで先制。
広島は狙ってたみたいですね。
相手が大谷ですから機動力を使ってロースコアゲームを制するという方針だったんでしょうね。

広島の狙いは的中。
見事にディレードスチールが決まって広島が先制した訳ですが、ゲーム後大谷くんが反省していたようですね。どうやらサインミスがあったようで。

細かなプレーが要求される場面。サインも複数種類あったでしょう。
大谷くんが反省しているってことは、サインは投手の大谷くんのカットだったのかな?
1塁ランナーの盗塁は見逃して3塁ランナーを釘づけにする方針だったと予想されますね。

こういう場面、特に中学、高校の学生野球でもよく見かけるシーン。
プロでもミスするんだから難しいプレーなんですね。

逆に言えば、ミスを誘った広島にアッパレってことでしょうね。

大谷翔平 165キロ

パ・リーグのクライマックスシリーズ、日本ハムが逆転でソフトバンクに勝って日本シリーズを決めましたね。

その試合内容が濃い!

ソフトバンクが初回に4点先制して日本ハムが徐々に追いつき逆転。
最後はDHで先発した大谷翔平がクローザーで閉める。

日ハムファンにはたまらない試合だったと思います。

クローザーで登板した大谷翔平投手は最速を更新する165キロを記録。
やっぱり短いイニングだとスピードは出ますね。

変化球の球速が他のピッチャーのストレートくらいだもんな~
そりゃ~打てないよな~

これでチャップマンの169キロまで、あと4キロ。
行くかな?

田中浩康 山田哲人

ヤクルトが田中浩康(34)内野手の戦力外を発表しましたね。

青木宣親選手がいた頃は不動のセカンドでしたが、ここ3年くらいは1軍での活躍はなく、私も忘れかけていました。
戦力外のニュースを見て、名前を思い出した感じでしたが、いい選手でしたよね。
まだ34歳だし、年齢的にはまだまだやれる歳だと思います。本人もそういう思いが強いようで、ヤクルトはコーチとして残って欲しかったみたいですが現役続行を希望して戦力外という結果に。

こういう状況になってしまったのも、山田哲人選手の成長が原因と言っていいでしょう。
2013年。開幕から調子が上がらなかった田中浩康選手に代わって1軍昇格。そのチャンスを見事に掴んだ山田哲人選手もスゴイ。
今では2年連続トリプルスリー。ヤクルトだけでなく日本球界を代表する選手ですからね。

世代交代。
プロの厳しい世界だから仕方ないことかも知れませんが、どんなスター選手でも一瞬成績が落ちると命取りになる世界。
シビアですね。