野球 回転数

今年のプロ野球オールスターゲームが昨日終わりましたが、中継を見ていて気になった話題がありました。
それはピッチャーの投げるボールの回転数。

ピッチャーのポテンシャルを示す数字として球速(スピード)は昔から目安にされていますが、最近は回転数にも注目が集まっているらしいですね。
俗に言う「スピンの効いた球」を見極める指標になるんでしょうね。

スピードガンの数字が遅くても打たれにくい投手。逆に速いボールを投げているのに打たれる投手。
打者の体感スピードとの違いってあるんだと思いますが、その違いの一つに回転数も関係しているようです。

例えば、42歳で未だにカブスで活躍する上原投手は回転数が多いらしいですね。
だから球速よりも打者の体感スピードは速く見えているとか。

具体的な数字を挙げると、メジャーリーグ投手の平均回転数は1分で2,263回だそうです。
プロ野球レベルの場合、この辺が目安になるんでしょうね。

ゲストの巨人・菅野投手とかもチェックしていると言っていましたが、2,400回転くらいって言ってました。
ダルビッシュ投手も2,400回転超えだそうです。
全盛期の阪神・藤川投手も相当だったそうです。

 

とは言え、アマチュアで回転数をチェックする方法ってあるんでしょうか?
プロなら確認できるんでしょうけど。

 

守備妨害と走塁妨害

センバツ甲子園の開幕ゲーム。
広島の市呉が延長戦の接戦で至学館(愛知)を破りました。

そのゲームの終わり方。
三塁ゴロを獲りに行った三塁手と2塁走者が交錯し、結果守備妨害となり試合終了となりました。

負けた至学館高校は一応抗議というか審判に確認に行っていましたが、やはり守備妨害が正しい判定ですね。
けっこうよくあることなので、覚えておいた方がいいプレーですね。

 

守備側の野手とランナーがぶつかった場合、通常は守備優先なので守備妨害という判定になります。
両者とも故意にぶつかった訳でなければ守備優先と覚えておきましょう。
だからランナーは避ける必要があるということですね。

逆に走塁妨害となるケースは、守備側が捕球した後に走者の邪魔をしたりすれば走塁妨害ってことですね。

イメージと体の動きのズレ

野球はフォームが大事なスポーツです。
投球フォーム、バッティングフォーム。
野球選手なら誰しも理想のフォームを頭でイメージしながら練習していると思います。

でも、このイメージ通りに体が動いているかというと、なかなか難しい。

自分が理想としている腕の角度で投げているつもりが、実はズレている。
理想のフォームより体の開きが速い。
など、自分で自分は見れませんから。

自分を客観的に外から見るって大事です。

武井壮さんも、確かそんな事を言っていました。
「自分自身がイメージ通り動けていないのに、イメージ通りの結果が出るわけがない。」ってなことを。

だから監督やコーチといった存在が大きくなるんでしょうね。
他人の目からチェックしてもらえるから。

幸いなのは、現代はカメラが手軽に普及していることですね。
本格的なカメラじゃなくても、スマホで撮影してチェックすることもできますからね。いい時代です。

プロ野球 長身選手ベスト10

先日、背の低いプロ野球選手を紹介したので、今度は長身選手を見てみましょう。

長身プロ野球選手ベスト10(2016年)

1位 197cm
藤浪晋太郎(阪神・投手)

2位 196cm
国吉佑樹(DeNA・投手)

3位 194cm
伊東亮太(楽天・内野手)

4位 193cm
大谷翔平(日本ハム・投手)

5位 192xm
東方伸友(ソフトバンク・投手)

6位 191cm
石川直也(日本ハム・投手)
片山博視(楽天・投手)
中村晨(ソフトバンク・投手)
吉田一将(オリックス・投手)

※参考・中学野球太郎
外国人選手は除く

この中でビッグネームは、やはり1位の藤浪と4位の大谷ですね。
同級生のこの二人はプロ野球全体を見ても長身ベスト5に入っているんですね。

ちなみに、たまたま先日スラムダンクのアニメを見ていて気付いたこと。
湘北のキャプテン・ゴリこと赤木剛憲の湘北高校入学当初1年時の身長が193cm。大谷と同じ。
そして3年時の身長が197cm。藤浪と同じ。2年でゴリは身長が4センチも伸びたんですね。
これ覚えやすい!

赤木の1年時の身長は、あの有名な三井の「バスケがしたいです!」の回で確認できます。
野球の話に戻ります。
やはり投手が目立ちますね。若手投手が多い印象も。

メジャーも含めると、ダルビッシュ有投手は195cm。

190cm以上までは行っていませんが、185cm以上の長身選手を見てみると球界を代表する選手がゴロゴロいます。

田中将大(ヤンキース・投手) 188cm
新井貴浩(広島・内野手) 189cm
坂本勇人(巨人・内野手) 186cm
T-岡田(オリックス・外野手) 186cm
糸井嘉男(阪神・外野手) 187cm
柳田悠岐(ソフトバンク・外野手) 188cm
など

パワーがありそうな選手は、やはりデカイ!

こうやって見ると、プロ野球選手の平均身長が180cmなのは納得してしまう。

逆に、これだけの大男達と小さい体で闘っている選手の凄さも感じますね。

>身長の低いプロ野球選手

身長の低いプロ野球選手

平均身長180cmのプロ野球の世界で、身長が低くても頑張って活躍しているプロ野球選手がいます。
どんな選手がいるのかご紹介しましょう。

プロ野球選手低身長ベスト10(2016年)

1位 163cm
内村健介(DeNA・内野手)
水口大地(西武・内野手)

3位 167cm
谷元圭介(日本ハム・投手)
石川雅規(ヤクルト・投手)
野田昇吾(西武・投手)
柴田竜拓(DeNA・内野手)
西野真弘(オリックス・内野手)

8位 168cm
三輪正義(ヤクルト・内野手)
松本哲也(巨人・外野手)

※参考・中学野球太郎

こうやって見てみると、やはり俊足が売りの野手が多い印象です。
パワーよりもスピードを生かす野手ならプロ野球でも生き残れる可能性が高くなるってことでしょうね。

投手だと左腕がポイントになると思います。
ヤクルトの石川投手、西武の野田投手は左腕です。
低身長ベスト10には入っていませんが、巨人の田口麗斗投手なども171cmと低身長。
左投手は先発以外にもワンポイントの中継ぎなど貴重な仕事ができる点が大きいんでしょうね。

そんな中、日本ハムの谷元投手はスゴイ。
普通に右投げで上手投げ。
変則フォームで相手をかわすという感じじゃなく、普通に勝負しているのがスゴイですね。何か秘訣はあるんでしょうが。

身長の低い野球少年には参考にしたい選手達だと思います。

>プロ野球長身選手ベスト10

 

プロ野球選手 平均身長

プロ野球選手の平均身長ってどのくらいか知ってますか?

2016年データで約180cmだそうです。

私の記憶だと、およそ20年前もこのくらいだったと思います。
野球少年の大半は将来プロ野球選手を目指すと思います。もちろん私もそうでした。
でも、どこかで限界が見えてくる。人によって小学生時代なのか、中学生時代なのか、高校時代なのか。
私の場合、高校時代でした。

「プロ注目!」とか「ドラフト候補」と呼ばれるような選手は、共通してパワーが違う。
そして体つきが違うのです。

で、当時調べたのがプロ野球選手の平均身長でした。
プロ野球選手の平均身長が180cmを超えていると知った時、「大きな体が欲しい」と思いましたね。

当時の私の身長は約172cm。日本人男性としては普通だと思いますが、プロ野球選手を目指すとなると小さいということに気づきます。
「最低あと5センチ伸びれば」と願いましたが、高校生から5センチはなかなか伸びないものです。

とは言え、身長170cm前後のプロ野球選手も少なからずいます。
20年前もいましたし、現在もいます。

そういう小さい体でも、プロ野球で活躍できる秘訣は何なのか?
次回、考えてみたいと思います。

ダルビッシュ有 ツイッター

ダルビッシュ有投手のツイッターは勉強になりますね。
野球人なら、絶対にフォローしておいた方がいいと思います。お勧めです。

ダルビッシュ投手が、どれだけ勉強しているのかが良く分かります。

野球論だけでなく根拠のあるトレーニング方法、人体の仕組み、栄養学など凄く参考になります。

自分自身が勉強しているから、巷にあふれる都市伝説的なトレーニング方法や、勉強不足の記者が書いた記事など鋭く見抜いて指摘します。

もう先生ですね。
下手な評論家では議論にならないレベルだと思います。

ナックルカーブ

先日の甲子園大会で東邦高校のエース、藤島くんの得意球がナックルカーブという話でした。

ナックルカーブ?

私も元投手なのですが、おそらく10年前まではナックルカーブなんて球はほぼ聞いたことなかったですね。
誰が作ったのでしょうか?

プロでもソフトバンクの五十嵐投手やヤクルトの館山投手が投げている球なんですね。
で、どんなボールなのか調べてみました。

結論から言うと、カーブの握りで人差し指をナックルのように立てて握るからナックルカーブというネーミングなんですね。

ナックルカーブ

投げ方は基本カーブですが、リリースの際人差し指をナックルのように弾いて縦回転をサポートする感じで投げるようです。

カーブの握りも人それぞれありますが、カーブは人差し指が邪魔になる人もいます。
人によっては人差し指を浮かして握る人もいますが、それをナックルのように使うことでカーブを投げやすくすることが目的なんでしょうね。

 

強気なピッチング、慎重なピッチング

私は元ピッチャーです。ピッチャーをやっていると、色々悩むこともあります。
ピッチャーをやっている現役の野球少年の少しでも参考になればと、悩んだ経験を少し披露したいと思います。
野球は少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、社会人野球、プロ野球とレベルが上がるにつれ相手も強くなります。
そして特別な選手でもない限り、どんな選手でも壁にぶち当たり悩みます。

私がそんな壁を最初に感じたのは高校野球時代です。
高校野球レベルになれば、いずれ近い将来プロになるであろうスゴイ選手と対戦することがあります。

自分が持っている球速、球種で抑えることが難しくなります。とは言え、自分の武器は限られています。
となれば、次なる手段は配球などの駆け引きとなります。これが難しい。

よく「強気なピッチング」という言葉がありますが、強気なピッチングは言い方を変えれば「無謀なピッチング」になりかねない。
プロに進むようなピッチャーであれば球威もあるでしょうから「強気なピッチング」もありでしょう。でも、大半のピッチャーはそのレベルまでは持っていません。

「強気なピッチング」の定義も人それぞれ考えがあると思いますが、例えば内角攻めだとします。
プロに進むような強打者の内角に投げ込むって、なかなか勇気が必要です。ホームランされる可能性もありますからね。
でも逃げているだけでは勝負にならない。外で勝負するためにも内角攻めも多少は必要になります。
だからと言ってだた内角だけ投げていては「無謀なピッチング」になってしまいます。

この駆け引き。
タイミング。
悩みましたね~

逆に「慎重なピッチング」という表現もあります。
強打者相手になれば、当然慎重になります。

でも、慎重になりすぎると逆に「逃げ腰のピッチング」になってしまう可能性があります。
結果カウントを悪くしてしまい、相手の思うつぼかフォアボールで歩かせるという結果になってしまいます。

何が言いたいか!

「強気なピッチング」、「慎重なピッチング」も紙一重ってことです。
裏に出てしまえば、「無謀なピッチング」、「逃げ腰のピッチング」になってしまいます。
これを覚えるのってやっぱり経験だと思います。
経験も見てるだけの経験ではなく、実際にプレーして投げてみての経験ですね。
苦い思いをして考えて覚えるものだと思います。