広島カープ 赤松 胃がん

ビックリしました。
広島カープの赤松外野手に胃がんが見つかったとか。

34歳ですし、本人も「まさか」と思ったでしょうね。

幸い、初期で手術をすれば命は問題ないみたいですが、問題はアスリートとしてどうかですね。
本人もそこが心配な様子。

胃の半分から場合によっては全摘出になるらしい。
となると、体が資本の職業ですからね。食で体を作れなくなれば選手としては厳しいでしょう。

とは言え、まずは命が第一。
雨上がり決死隊の宮迫さんも胃がんで胃を手術していますが、元気な様子。
胃が小さくなってからも体重が増えたと番組で言っていました。
そんな例もあるので命は大丈夫だと思いますが、選手生命がね・・・
俊足で好きな選手だけに心配です。

ソフトバンク 松田宣浩 背番号3へ

ソフトバンクの松田宣浩選手が背番号を3に変更するらしいですね。
ソフトバンクの背番号5と言えば松田というくらい馴染んでファンにも受け入れられていたと思うけど、本人は3が好きなんでしょうね。

サードだし、やっぱりミスター長嶋茂雄の背番号3に憧れるんでしょう。

松中選手が引退したから、チャンスが来たってことなんでしょうけど。
背番号を代えて成績が落ちたと言われないように、自分自身へのプレッシャーって意味もあるんでしょうね。

加藤初 死去

元巨人の投手、加藤初さんが亡くなったそうで。
66歳。直腸がんだったらしいですね。

私が加藤初投手を認識したのは80年代ですね。
私はSMAP中居くんと同級生なので、原、篠塚、中畑、松本、江川、西本、山倉等の時代に小学生で見ていた選手でした。
無表情でたんたんと投げるスタイルが思い出されます。

私が物心ついて見始めたのは、その頃ですが入団は西鉄ライオンズだったんですね。
長嶋監督が巨人にトレードで獲得した投手だったんですね。

懐かしいわ~

私は加藤初投手を忘れません。

広島 菊池 丸 年棒

セ・リーグ優勝の広島カープ、菊池涼介選手が契約更改。
今季8500万円から6000万円アップの1億4500万円だそうです。
大台の1億円突破をとりあえずクリアって感じでしょうか?

広島では日本人選手の最高年棒になるそうです。

あれ?丸は?

って思ったので調べてみると、すでに1億4000万円でサインしているんですね。

菊池選手の方がわずかに500万円高い。
この差って何なんでしょう?

作新学院 小針崇宏野球部監督

2016年、夏の甲子園優勝の作新学院を率いた小針崇宏監督ってどんな人なんでしょう?
ちょっと調べてみました。

年齢は33歳。
高校野球の監督としては若いですね。
この年齢で甲子園優勝監督ってスゴイ。

監督に就任したのは23歳という若さ。
筑波大学を卒業後、当時の監督で小針さんの恩師の大塚孝前監督に「母校に帰ってこい」と誘われたそうです。
そしてコーチを約半年経験して、すぐに監督に就任したとか。

ただ、この頃の作新学院は外から見ていても強い学校じゃなかった。
江川時代は遠い昔の話で、甲子園からは30年近く遠ざかっていた時代。
そこで若手に世代交代という学校側の方針もあって若い小針監督が誕生したようです。

23歳で監督に就任した小針さんですが、さすがに当時は経験不足。
そこで、「甲子園塾」という指導者塾に参加したそうです。
甲子園塾では元星稜の山下監督、元簑島の尾藤監督、当時鳴門工の高橋広監督(早大監督)、元育英の日下篤監督などから指導を受けたそうです。
ちなみに、今夏の甲子園に出場した富山第一の黒田監督も一緒に受講していたとか。

そんな土台もあって名指導者が生まれるんですね。

参考:デイリースポーツより

センバツ 21世紀枠 2017

2017年、センバツ甲子園の21世紀枠の候補9校が決まったそうです。

北海道
富良野(道立) 道8強

東北
不来方(こずかた=岩手、県立) 県準優勝、東北大会初戦敗退

関東
石橋(栃木=県立) 県準優勝、関東大会初戦敗退

北信越
富山東(富山=県立) 県準優勝、北信越大会8強

東海
多治見(岐阜=県立) 県優勝、東海大会初戦敗退

近畿
洛星(京都=私立) 府8強

中国
倉吉東(鳥取=県立) 県4強

四国
中村(高知=県立) 県優勝、四国大会初戦敗退

九州
高千穂(宮崎=県立) 県準優勝、九州大会初戦敗退
この中から選ばれる学校はどこでしょうね?

陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)巨人入り

FA宣言していた日本ハムの陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)外野手。
巨人と契約ですか。

巨人が本気になると、なかなか他球団は厳しいか。

陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)選手が入るとなると、巨人の外野手陣は厳しいですね。
安泰は長野選手くらいでしょうね。

巨人でレギュラーを獲るのは難しいね。

個人的には橋本選手に頑張って欲しいけど。

小坂誠 巨人2軍内野守備走塁コーチへ

小坂誠が巨人に戻ってきたか。
現役時代はロッテ、巨人、楽天でプレー。
引退後は楽天、日本ハムでコーチを担当。

現役時代は小さい体で俊足の、いかにも内野手って感じのショートでしたね。
ルーキーイヤーは西武、松井稼頭央と盗塁王を争ったのが懐かしい。
好きな選手でした。

個人的に柴田高校時代、試合をした経験もあって特に思い出深い選手です。

2軍内野守備走塁コーチってことですから、上手い内野手を育てて欲しい。広島の菊池みたいな。

木更津総合 早川 隆久 早稲田大合格

夏ベスト8、U18侍ジャパンメンバーにも選ばれた木更津総合の早川隆久投手は早稲田大に推薦合格か。
早稲田は毎年、甲子園ボーイがたくさん集まる大学だからな~。

当然、将来はプロを目指しているでしょうから、1年から活躍を期待したい。

チャップマン ヤンキース

時速105マイル(約169キロ)史上最速の男、チャップマンがヤンキースと契約しましたね。
5年、総額8600万ドル(約94億6000万円)って、どんだけスゴイんだ?

今年のカブス優勝に貢献したし、メジャーでは当然の評価なんでしょうね。
チャップマンがヤンキースに戻ってきたってことは、これは田中将大投手にとっても心強いでしょうね。
後ろが安定していれば、先発の勝ち星が伸びる可能性が高くなりますから。

問題はケガなくコンスタントに働いてくれることですね。