北海高校 大西健斗 慶応義塾大に合格

今年、夏の甲子園準優勝投手、北海高校の大西健斗投手は慶応義塾大に推薦合格したらしいですね。
来春からは慶応ボーイか。イケメンだし、ますますモテそうだな。

もちろん野球部で活躍してくれると思いますが、どこまで伸びるか。

しかし慶応に合格するってことは、頭も相当いいんでしょうね。

上原浩治 カブスと契約

レッドソックスからFAになっていた上原浩治投手がカブスと契約しましたね。
1年で推定450万ドル。日本円だと約4億9500万円くらいになるらしい。

この金額がさすがメジャーだと思いますね。
確かに上原投手は実績がありますが、今の年齢で約5億は日本じゃとてももらえない。

大谷翔平が2億7000万円ですからね。
大谷の約2倍近い価値って考えると・・・

日本人のトップ選手がメジャーを目指すのはお金だけじゃないと思いますが、アメリカンドリームは規模が違うよな~

大谷翔平 年棒2億7000万円

日本ハムの大谷翔平投手、今日2億7000万円で更改したそうです。

この金額どうなんでしょう?

高卒入団5年目としてはダルビッシュ投手と並ぶ金額だそうですが・・・

正直、個人的には3億円超えだと思っていたので、日本ハムが上手く言いくるめたか?って気も・・・
当の大谷選手は、たぶん金額にはそんなにこだわりないんでしょうね。
純粋なんだと思います。
でも、ファンとしてはもっと挙げてほしい心境です。

それだけ夢を与えてくれたと思うので。

佐野日大野球部監督に麦倉洋一

来年(2017年)4月から、栃木県、佐野日大高校の野球部監督に麦倉洋一氏が就任するらしいですね。
久しぶりに麦倉洋一の名前を聞いて、懐かしく嬉しくも思いました。

私の1コ上の学年で栃木県代表として甲子園出場。そこで佐野日大の名前を頭に刻みました。

甲子園では1回戦、近大福山戦で完封。
栃木大会は全試合無失点で、甲子園の2回戦の初回まで48イニング無失点を記録。
そして秋、ドラフト3位で阪神に入団。

プロではケガもあって活躍できませんでしたが、同年代として印象深い投手でよく覚えています。

そして中学時代は「ビートたけしのスポーツ大将」でたけし軍団と戦ったのも覚えています。

現在45歳。
プロ引退後どうしていたのかと思って調べてみると、スポーツブランドのデサントで働いているんですね。

今年度いっぱいでデサントを退社して、母校の監督に就任か。
先生ではないと思うので、監督専任ってことなんでしょうね。

マギー 巨人

巨人が元楽天のケーシー・マギー内野手(34=タイガース)の獲得を発表。

サードとファーストの補強ってことみたいですね。
サードの村田もファーストの阿部もベテランだから、ケガも心配ってこともあっての補強なんでしょうね。

巨人としてはサードは本来は岡本くんが成長して欲しいところだと思いますが、チャンスを掴めるかどうか。
プロはライバルが強烈だからな。

中田翔 筒香嘉智 年棒

侍ジャパンのクリンアップの2人が契約更改。

日本ハムの中田翔は3500万円アップの2億8000万円で更改。
DeNAの筒香嘉智は2億円アップの3億円で更改。

中田選手抜かれちゃいましたね。

成績を比較すると
中田翔は打率・250、25本塁打、打点110。
筒香嘉智は打率・322、44本塁打、打点110。

単純に今年の成績を比較すると当然の結果かな?

切磋琢磨して、お互いに日本のプロ野球を盛り上げて欲しいな。