青木宣親 ヤクルト復帰

青木宣親選手が日本球界復帰ですね。
古巣ヤクルトと契約。
背番号はヤクルト時代にもつけていた「23」。

本当はメジャーでやりたかったんでしょうけど。
今年は契約が遅いって話ですよね。
大注目のダルビッシュもまだ決まっていないし。イチロー選手もまだだし。

もうキャンプも直ぐの時期に来ていますし、シーズンを考えると今この時期に所属チームが決まっていないっていうのはマイナスなんでしょうね。

ヤクルトファンは嬉しいでしょう。
やっぱり、山田哲人との新旧「23」コンビが楽しみですね。
山田哲人選手も去年トリプルスリーを逃して、今年は気合入っているでしょうから、いい刺激になるんじゃないでしょうか。

青木宣親 メッツと契約

ブルージェイズを自由契約になっていた青木宣親選手がメッツと契約濃厚となったとか。
今季3チーム目。とりあえずプレーできることが最優先でしょうからよかった。

数字的にもまだまだメジャーで十分頑張れると思うので、プレーできるチャンスが何よりです。

ところでメッツとの契約は今シーズンまでなんでしょうか?
その辺の情報が分からない。

 

青木宣親 メジャーでピッチャーデビュー

アストロズの青木宣親が、なんとメジャーでピッチャーデビュー!

ヤンキース戦の9回にマウンドに上がり、1回1安打2四球3失点の内容。
強打者アーロン・ジャッジをセンターフライに抑えるなど、本職じゃないと考えると上々の内容。

メジャーでも、なかなか好評だったようですね。
そして本人のコメントを見ても満足気な様子。
ま~これっきりでしょうが、思い出になったでしょうね。

しかし、野手がピッチャーをするって結構難しい。
慣れてないし、ストライクを取るだけでも苦労する人もいますが、さすがメジャーレベルの選手になると、どこでもやれば出来るんですね。

青木選手に投手経験あるのかな?と思って調べてみると、高校時代はピッチャーだったんですね。
と言っても17~18年前のことだけど、やっぱりという気もします。

メジャーらしいニュースですが、ノムさんや張さんからは「喝」入りそうな気もする。