プロ野球 長身選手ベスト10

先日、背の低いプロ野球選手を紹介したので、今度は長身選手を見てみましょう。

長身プロ野球選手ベスト10(2016年)

1位 197cm
藤浪晋太郎(阪神・投手)

2位 196cm
国吉佑樹(DeNA・投手)

3位 194cm
伊東亮太(楽天・内野手)

4位 193cm
大谷翔平(日本ハム・投手)

5位 192xm
東方伸友(ソフトバンク・投手)

6位 191cm
石川直也(日本ハム・投手)
片山博視(楽天・投手)
中村晨(ソフトバンク・投手)
吉田一将(オリックス・投手)

※参考・中学野球太郎
外国人選手は除く

この中でビッグネームは、やはり1位の藤浪と4位の大谷ですね。
同級生のこの二人はプロ野球全体を見ても長身ベスト5に入っているんですね。

ちなみに、たまたま先日スラムダンクのアニメを見ていて気付いたこと。
湘北のキャプテン・ゴリこと赤木剛憲の湘北高校入学当初1年時の身長が193cm。大谷と同じ。
そして3年時の身長が197cm。藤浪と同じ。2年でゴリは身長が4センチも伸びたんですね。
これ覚えやすい!

赤木の1年時の身長は、あの有名な三井の「バスケがしたいです!」の回で確認できます。
野球の話に戻ります。
やはり投手が目立ちますね。若手投手が多い印象も。

メジャーも含めると、ダルビッシュ有投手は195cm。

190cm以上までは行っていませんが、185cm以上の長身選手を見てみると球界を代表する選手がゴロゴロいます。

田中将大(ヤンキース・投手) 188cm
新井貴浩(広島・内野手) 189cm
坂本勇人(巨人・内野手) 186cm
T-岡田(オリックス・外野手) 186cm
糸井嘉男(阪神・外野手) 187cm
柳田悠岐(ソフトバンク・外野手) 188cm
など

パワーがありそうな選手は、やはりデカイ!

こうやって見ると、プロ野球選手の平均身長が180cmなのは納得してしまう。

逆に、これだけの大男達と小さい体で闘っている選手の凄さも感じますね。

>身長の低いプロ野球選手

身長の低いプロ野球選手

平均身長180cmのプロ野球の世界で、身長が低くても頑張って活躍しているプロ野球選手がいます。
どんな選手がいるのかご紹介しましょう。

プロ野球選手低身長ベスト10(2016年)

1位 163cm
内村健介(DeNA・内野手)
水口大地(西武・内野手)

3位 167cm
谷元圭介(日本ハム・投手)
石川雅規(ヤクルト・投手)
野田昇吾(西武・投手)
柴田竜拓(DeNA・内野手)
西野真弘(オリックス・内野手)

8位 168cm
三輪正義(ヤクルト・内野手)
松本哲也(巨人・外野手)

※参考・中学野球太郎

こうやって見てみると、やはり俊足が売りの野手が多い印象です。
パワーよりもスピードを生かす野手ならプロ野球でも生き残れる可能性が高くなるってことでしょうね。

投手だと左腕がポイントになると思います。
ヤクルトの石川投手、西武の野田投手は左腕です。
低身長ベスト10には入っていませんが、巨人の田口麗斗投手なども171cmと低身長。
左投手は先発以外にもワンポイントの中継ぎなど貴重な仕事ができる点が大きいんでしょうね。

そんな中、日本ハムの谷元投手はスゴイ。
普通に右投げで上手投げ。
変則フォームで相手をかわすという感じじゃなく、普通に勝負しているのがスゴイですね。何か秘訣はあるんでしょうが。

身長の低い野球少年には参考にしたい選手達だと思います。

>プロ野球長身選手ベスト10

 

プロ野球選手 平均身長

プロ野球選手の平均身長ってどのくらいか知ってますか?

2016年データで約180cmだそうです。

私の記憶だと、およそ20年前もこのくらいだったと思います。
野球少年の大半は将来プロ野球選手を目指すと思います。もちろん私もそうでした。
でも、どこかで限界が見えてくる。人によって小学生時代なのか、中学生時代なのか、高校時代なのか。
私の場合、高校時代でした。

「プロ注目!」とか「ドラフト候補」と呼ばれるような選手は、共通してパワーが違う。
そして体つきが違うのです。

で、当時調べたのがプロ野球選手の平均身長でした。
プロ野球選手の平均身長が180cmを超えていると知った時、「大きな体が欲しい」と思いましたね。

当時の私の身長は約172cm。日本人男性としては普通だと思いますが、プロ野球選手を目指すとなると小さいということに気づきます。
「最低あと5センチ伸びれば」と願いましたが、高校生から5センチはなかなか伸びないものです。

とは言え、身長170cm前後のプロ野球選手も少なからずいます。
20年前もいましたし、現在もいます。

そういう小さい体でも、プロ野球で活躍できる秘訣は何なのか?
次回、考えてみたいと思います。