U18 高校野球

カナダ戦、負けちゃいましたね。

どうも打てないね~

今年のU18侍ジャパンの売りはバッティングだと思うので、どうしても期待して見てしまいますが、期待が大きいだけに物足りない気がします。
今日は清宮くんにホームランが出ましたが、安田くんや中村くんも甲子園のイメージではもっと打ってくれるものと期待しているのですが。

やっぱりピッチャーの違いなんでしょうね。
外国人投手は力があるのでU18世代でもバンバン150キロ台のボールを投げてくるし、微妙にボールを動かしてくるのに日本は戸惑っているように感じます。
これが国際試合なんでしょうね。

逆にピッチャー陣は期待以上に頑張っている気がします。
特に秀岳館の二人とか。

侍ジャパン(2017) U18メンバーと3年前のU15メンバー

現在カナダで戦っている侍ジャパンU18メンバーですが、今の年代の3年前(中学3年生)時代のU15メンバーってどう違うのか調べてみた。

すると、3年前も侍ジャパンのメンバーに選ばれて今回もメンバーに選ばれている選手は一人だけでした。
それは横浜高校の増田珠選手。当時は長崎リトルシニアから選出。

当時は清宮くんも安田くんも選ばれていないんですね。チョット以外。
高校3年間の実績って大きいものですね。

侍ジャパン U18 クリーンアップ

侍ジャパンU18メンバー、無事カナダに到着したみたいですね。
道具は遅刻したみたいですが。

明日開幕か。楽しみ。

今年の侍ジャパンU18のクリーンアップがどんなメンバーになるのか気になりますね。
今のところ4番が清宮くんで、その前後を広陵の中村くんと履正社の安田くんが打つような感じになりそうですね。豪華やわ~

 

ところで、ちょっと思ったのが、この3人共、各チームでは3番バッターなんですよね。
そこがちょっと面白いところだなと思いました。

最近の流行は「3番最強説」なのか?

ま、それぞれにチーム事情があってのことなんでしょうが、ポイントは強打者の後を任せられる4番が居たってことですよね。
じゃないと、星稜・松井のようなパターンになってしまうから。

侍ジャパン U18メンバー 2017

監督 小枝 守 元拓大紅陵高校野球部監督
ヘッドコーチ 大藤 敏行 元中京大中京高校野球部監督
コーチ 米澤 貴光 関東第一高校野球部監督
コーチ 東 哲平 敦賀気比高校野球部監督

投手
11 清水 達也 花咲徳栄 3年
13 川端 健斗 秀岳館 3年
14 三浦 銀二 福岡大大濠 3年
15 山下 輝 木更津総合 3年
16 櫻井 周斗 日大三 3年
17 磯村 峻平 中京大中京 3年
18 徳山 壮磨 大阪桐蔭 3年
19 田浦 文丸 秀岳館 3年

捕手
10 中村 奨成 広陵 3年
22 古賀 悠斗 福岡大大濠 3年

内野手
1 西巻 賢二 仙台育英 3年
2 鯨井 祥敬 東海大市原望洋 3年
3 清宮 幸太郎 早稲田実 3年
5 安田 尚憲 履正社 3年
7 小園 海斗 報徳学園 2年
8 井上 大成 日大三 3年

外野手
9 丸山 和郁 前橋育英 3年
21 伊藤 康祐 中京大中京 3年
24 増田 珠     横浜 3年
28 藤原 恭大 大阪桐蔭 2年

カブス・川崎宗則 対 侍ジャパン

アメリカに渡った侍ジャパンとカブスの試合。
阪神の藤浪が先発して4-6で敗戦。

ここまで連勝で来ている侍ジャパン。
あまりにも勝ちすぎると逆に嫌な感じもするので、結果はあまり気にしなくてもいいと思いますが、内容ですね。

カブスはマイナー契約の川崎宗則が1番ショートで先発して3打数1安打1四球、2盗塁と活躍。
元侍の川崎選手の元気さが嬉しい。

何とかまた今シーズン中のメジャー昇格を期待したいですね。

侍ジャパン エース

今大会の侍ジャパンのエースは誰か?
当初は大谷翔平だったんでしょうが辞退。

ということで、大会が始まる直前は巨人の菅野って感じでしたね。

そして大会が始まり2次予選突破が決まった現在、ソフトバンクの千賀滉大の評価が上がってますね。
大魔神・佐々木さんなんか絶賛。
大会前はダルビッシュ投手もそうとう評価していました。

 

千賀滉大と言えば、決め球の「お化けフォーク」ですが、今大会はストレートがいいですね。
お化けフォークはいまいちコントロールしきれていない印象ですが、ストレートのキレで三振取れている。
スライダーも良かったですね。

準決勝からは一発勝負のトーナメント。
準決勝に勝たないと決勝もないので、準決勝は菅野、千賀を惜しみなく投入することを小久保監督は考えているみたいです。

バリバリのメジャーリーガーをきりきり舞いさせる姿を期待したいと思います。

侍ジャパン オーストラリアに勝利

侍ジャパン2連勝。
これで予選突破はほぼ確実。とりあえず良かった。

オーストラリア。ユニフォームだけ見るとほぼアスレチックス。
強敵だけあってスコアも厳しい戦い。

やっぱり投手力が大事になりそうですね。

ちょっと心配だったのは菅野に代わって登板した岡田。
ストライクが入らなくてどうなるかと思いましたが、ダブルプレーで何とか切り抜けたのが助かりましたね。

まだまだ先がありますし、今後も期待!

侍ジャパンの2番 秋山翔吾説

侍ジャパン。強化試合、いまいち結果が出ていませんが、こうなると小久保監督への風当たりが厳しい。
侍ジャパンのオーダーも人それぞれ持論があると思いますが、ノムさん流のオーダーは秋山翔吾説。

説明されると納得してしまうのはさすがですね。
キャッチャー目線で左バッターは、相当イヤなのか。