山崎康晃(やまさき やすあき)

山崎康晃(やまさき やすあき)

所属:横浜DeNAベイスターズ
ポジション:投手(右投げ右打ち)
背番号:19

出身地:東京都
出身大学:亜細亜大
出身高校:帝京高校(東京都)
出身中学:荒川区立尾久八幡中学校(東京都)
(西日暮里グライティーズ)

身長:177cm
体重:83kg

2014年ドラフト1位で横浜DeNAベイスターズに入団。
帝京高校時代は2009年の夏、2010年のセンバツで甲子園出場。

小林誠司(こばやし せいじ)

小林誠司(こばやし せいじ)

所属:読売ジャイアンツ
背番号:22
ポジション:捕手(右投げ右打ち)

出身地:大阪府
社会人:日本生命
出身大学:同志社大学
出身校:広陵高校(広島県)
出身中学:堺市立赤坂台中学校(大阪府)
(泉北ボーイズ)

身長:178cm
体重:81kg

2013年ドラフト1位で日本生命から巨人に入団。
初打席初安打を記録。

広陵高校入学当初は投手兼遊撃手だったが1年冬に捕手に転向。
2年秋から正捕手になる。
甲子園ではエースの野村祐輔(現・広島)の女房役として夏準優勝。

田中英祐(たなか えいすけ)

田中英祐(たなか えいすけ)

所属:千葉ロッテマリーンズ
ポジション:投手(右投げ右打ち)

出身地:兵庫県
出身大学:京都大学
出身高校:白陵高(兵庫県)
出身中学:白陵中学校(兵庫県)

身長:180cm
体重:75kg

2014年ドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。
京都大学出身として初のプロ野球選手。

田中空良(たなか そら)

田中空良(たなか そら)

所属:東邦ガス
ポジション:投手(右投げ左打ち)

出身地:三重県
出身高校:豊川(愛知県)
出身中学:桑名市立長島中学(三重県)
(愛知西シニア)

身長:177cm
体重:75kg

2014年、センバツ甲子園ベスト4
球速MAXは145km。

飯塚悟史(いいづか さとし)

飯塚悟史(いいづか さとし)

所属:横浜DeNAベイスターズ
背番号:30
ポジション:投手(右投げ左打ち)

出身地:新潟県
出身高校:日本文理(新潟県)
出身中学:上越市立直江津中学(新潟県)

身長:186cm
体重:83kg

日本文理高校では1年の夏からベンチ入り。
その秋からエース番号を背負い、2年の夏に甲子園初出場。

2年秋の明治神宮野球大会では準優勝。
3年春のセンバツでは豊川高校に1回戦で敗れる。
3年夏の甲子園では、5試合を1人で投げ抜きベスト4に進出。

2014年ドラフト7位で横浜DeNAベイスターズに入団。

岸潤一郎(きし じゅんいちろう)

岸潤一郎(きし じゅんいちろう)

所属:拓殖大
ポジション:投手(右投げ右打ち)

出身地:兵庫県
出身高校:明徳義塾(高知県)
出身中学:尼崎市立中央中学(兵庫県)
(西淀ボーイズ)

身長:172cm
体重:74kg

甲子園6勝。
センバツ甲子園では関東一高相手に11奪三振。

西浦直亨(にしうら なおみち)

西浦直亨(にしうら なおみち)

所属:東京ヤクルトスワローズ
ポジション:内野手(右投げ右打ち)

出身地:奈良県
出身大学:法政大
出身校:天理高校(奈良県)
出身中学:大淀町立大淀中学(奈良県)
(橿原コンドル)

身長:178cm
体重:75kg

2013年ドラフト2位でヤクルトに入団。(契約金7000万円、年俸1200万円)
背番号3

法政大学4年春には打率.320本3点18で初のベストナイン。
天理高校時代は3年生の春・夏で甲子園出場。

北條裕之(ほうじょう ひろゆき)

北條裕之(ほうじょう ひろゆき)

所属:東海大
ポジション:遊撃手(右投げ右打ち)

出身地:大阪府
出身高校:八戸学院光星(青森県)
出身中学:堺市立美木多中学(大阪府)
(オール狭山ボーイズ)

身長:176cm
体重:74kg

現阪神の北條史也選手の弟。
お兄ちゃんは4番で甲子園準優勝の活躍でしたが、弟裕之は1番打者。

東海大で鍛え治してプロ入りを目指す。

深江大晟(ふかえ たいせい)

深江大晟(ふかえ たいせい)

所属:東北福祉大
ポジション:二塁手(右投げ右打ち)

出身地:大阪府
出身高校:八戸学院光星(青森県)
出身中学:守口市立第一中学(大阪府)
(守口シニア)

身長:176cm
体重:75kg

八戸学院光星の4番。
センバツ甲子園では横浜戦でホームランを放つ。

有原航平(ありはら こうへい)

有原航平(ありはら こうへい)

所属:北海道日本ハムファイターズ
ポジション:投手(右投げ右打ち)

出身地:広島県広島市
出身大学:早稲田大
出身高校:広陵高校(広島県)
出身中学:広島市立三和中学校(広島県)

身長:189cm
体重:100kg

名門、広島の広陵高校では2年春からベンチ入り。

3年の夏はエースとして甲子園に出場。
1回戦で福島県の聖光学院と対戦。現阪神の歳内宏明と投げ合い、8回4安打1失点と好投したが残念ながら初戦敗退。

高校3年時もプロ注目投手だったがプロ志望届を提出せず、早稲田大学に進学。

早稲田大学では1年生から活躍し大学通算成績は62試合271回を投げ19勝12敗。

2014年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズ入団。