野球殿堂入りの条件

松井秀喜さんが史上最年少の43歳で野球殿堂入りとなりました。
松井秀喜選手は巨人でもメジャーのヤンキースでも大活躍した選手ですから選出事態に意義はありません。
ただ国民栄誉賞の時もそうでしたが、松井秀喜さんが名誉ある賞を受賞すると、1歳年上のイチロー選手の凄さに改めて気づかされます。
今年はどこでプレーするのかな?

ところで野球殿堂入りの条件ってなんなのか、気になって調べてみました。

松井秀喜さんと金本知憲さんが受賞したエキスパート部門。
これは引退して5年以上21年未満という条件があるそうです。
松井さんは2013年引退で、5年という条件がクリアされて直ぐに受賞したことになります。
イチロー選手は現役でいる限りは受賞はないってことになりますね。

次に原辰徳さんが受賞したエキスパート部門。
監督、コーチ、審判もしくは21年以上選手経験が条件だそうです。

最後にアマチュアが対象の特別表彰。
今年は元中京商(現中京大中京)の捕手、部長、監督などで甲子園で4度優勝している故・瀧正男さんが受賞。
確か過去には正岡子規なども受賞してましたね。

原辰徳 野球殿堂入り

4人の野球殿堂入りが発表されましたね。
プレーヤー部門で松井秀喜さん、金本知憲さん。
エキスパート部門で原辰徳さん。
特別表彰で故・瀧正男さん。

プレーヤーの2人は皆さん納得でしょう。
そして原辰徳さんは監督としての実績を評価されてエキスパート部門で選出。
確かに監督としての実績は素晴らしい。近年では稀にみる名監督と言っていい成績だと思います。
でも、巨人の4番時代ももう少し評価されて欲しいな~って気もします。当時の野球少年の一人として。

平松政次 カミソリシュート

野球殿堂入りが発表された平松政次(ひらまつ まさじ)さん。
若い人は知らない人も多いと思います。
私も現役は少ししか知りません。多分当時はベテラン投手だったんだと思います。
どちらかというと、フジテレビでの解説者としてのイメージが強いかも?
でも、通算201勝で名球会入りしているスゴイ投手ということは知っています。

平松政次投手は大洋ホエールズで活躍した投手。

大洋ホエールズというチーム名も、平成世代はピンとこないかな?
今のDeNE横浜ベイスターズですね。

カミソリシュートが武器で、特に巨人キラーとして活躍。
あのミスター長嶋茂雄も苦手にしていた投手。

私がプロ野球を見始めた頃は、もう長嶋さんは引退していたので、平松さんを覚えているのはその後なんだよな~

最近はシュートを武器にする投手は、ほぼ幻状態ですが、あの長嶋さんを苦しめたカミソリシュートってどんな切れ味だったのか?
見て見たかったですね。