吉田輝星 背番号「18」

日本ハムから指名を受けた吉田輝星(金足農業)投手の背番号がどうやら「18」が濃厚らしいです。(スポーツ報知情報)
日本ハムでは近年「11」が出世番号になっていましたが、球界全体を見るとやっぱりピッチャーと言えば「18」がエースナンバーってイメージがありますからいい番号ですね。球団の期待も感じます。

日本ハムの背番号「18」は近年、岩本勉→斎藤佑樹→岡広海が着けてきた番号。
斎藤佑樹くんが期待外れだっただけに、吉田くんにはしっかり「18」を定着させて自分の物にして欲しいですね。

日本ハムのエースナンバーは背番号「11」?

プロ野球のエースナンバーは背番号「18」というイメージがありますよね。

それは巨人のエースナンバー。
巨人の歴代エースと呼ばれていた人たちが着けていたからですよね。

エースナンバーって別に定義されているわけじゃないので、世間一般が勝手に決めることだと思います。

他球団で言うと中日は背番号「20」がエースナンバーらしいですね。

で、今年のドラフトで日本ハムが1位指名した注目の金足農業・吉田輝星投手の背番号はどうなるのか?
近年、ダルビッシュ→大谷とつけてきた「11」をつけるのか?
ダルビッシュ投手は是非つけて欲しいと推薦しているようですが、どうやら背番号「11」は来季空番になりそうな流れらしい。
ってことは日本ハム球団としては日本ハムの背番号「11」はエースナンバーとして特別な背番号と位置付けているってことなんでしょうね。

じゃ吉田くんは何番になるのか?
今年の空番だと「18」も空いてるな~
斎藤佑樹投手が奪われた番号だけど・・・

やっぱり「11」の方が出世しそうだな。

藤岡貴裕 日本ハムへトレード

ロッテ藤岡貴裕と日本ハム岡大海のトレードが発表されましたね。
群馬県在住なので桐生第一出身の藤岡貴裕投手は気になっていましたがトレードですか。

東洋大時代は当時東海大の菅野、明治の野村と大学BIG3と評価され、その中でも大学選手権優勝など実績では藤岡君が頭一つ抜けている印象もありました。
当然3人ともドラ1でプロに入団するわけですが、その後はちょっと明暗が分かれていた感じですね。

菅野投手は巨人のエースというより侍ジャパンのエース格に成長。
広島野村も最多勝と活躍。

藤岡君もロッテからの期待は大きくチャンスは十分あったと思うのですが先発で成績が伸びず、近年はリリーフ要因。本人は先発にこだわりがあるようですが。

このトレードが良いきっかけになればいいですね。期待しています。

日本ハム 浅間 高濱

清宮幸太郎選手が昨日、2軍戦でプロ初打席に立ってニュースになってますね。
結果は残念ながら三振の1打席のみでしたが、体調が戻ってくればこれからパフォーマンスが上がってくるかな。

その清宮くんが5番で出場したゲーム。
他の日本ハムのスターティングメンバーを見てみると1番に浅間、4番は高濱。横浜高校の同級生が二人。
頑張って1軍に上がってきてもらいたい選手ですが、名門横浜高校で活躍した選手でもプロでは1軍の壁は厚いようですね。ガンバレ!

武田久 アマ日本通運復帰

日本ハムを退団した武田久投手。
古巣の社会人、日本通運に復帰するらしいですね。
投手兼コーチってことなので、一応現役続行ってことらしい。

社会人に戻るってことは、さすがに給料面ではプロ程とはいかないと思いますが、また野球ができる環境は嬉しいでしょうね。

古巣に戻れるって、やっぱり人間性も評価されてることでしょうね。
将来は監督候補か?それとも引退後は普通に会社員として働くのか?
いずれにしても仕事があるって素晴らしい。

都市対抗野球で登板が見れるかな?

中田翔 FA行使せず日本ハム残留

中田翔選手、FA行使せず日本ハム残留を決めたらしいですね。

確かに今年の成績は本人のポテンシャルからするとイマイチだったけど、FA宣言すれば高い評価は得れたでしょう。
この先どうなるか分からないけど、日ハムで選手生涯を終えるというのも一つの美学のような気もする。
最近は出世すると移籍する選手が多いだけに。

日本ハムファンは嬉しいでしょうね。
中田、清宮のクリンアップ、来年実現するかな?

日本ハム 近藤健介 4割

日本ハムの近藤健介捕手が大活躍中ですね。
開幕から47試合で打率4割超え。
あの張本さん超えの球団記録らしいです。

昨日は2安打で打率4割1分5厘。
凄い数字。
この数字をどこまで維持できるか。

夢の4割。しかもキャッチャーでマークしたらスゴイね。

大田泰示 5号ホームラン

日本ハムの大田泰示選手が絶好調じゃないですか。
今年、自己最多となる5号ホームラン。
ここ6戦で4発。

日本ハムに移籍して花開いた感じですね。

原さんが、「巨人でももっと打って欲しかった」みたいなことを巨人戦の解説の時に、半分冗談だと思いますが言ってましたが。

そりゃー本人も巨人時代から一生懸命やっていたんでしょうけど、やっぱり巨人時代のプレッシャーってあったんでしょうね。
それが、日本ハムに来て解放。

技術面よりもメンタル面の違いなんでしょうね。

大島康徳 大腸がん

元中日、日本ハムでプレーした大島康徳さんがステージ4の大腸がんを公表ですか。
66歳。心配ですね。
でも、本人は手術も受けて今は元気な様子でちょっと安心ですかね。

私の大島さんの思い出と言えば、日本ハム時代。
2000本安打間近で足踏みしている頃に、丁度私の住んでいた福島のあずま球場に来たんですよね。
そのゲームを見に行っていました。

福島で2000本安打達成はなりませんでしたが、その記憶残っています。

日本ハムの監督も務めた人ですし、長生きして野球界に貢献して欲しいと思います。
ただ、大腸がんは怖い。
自分も他人事ではない。
先週はお腹痛かったし。
気を付けよう。