長野久義 広島へ

FA宣言で丸選手を獲得した巨人への人的補償で長野久義外野手が広島へ行くことになったか。
巨人は長野選手をプロテクトから外していたんですね。ピークを過ぎたと判断していたのでしょうか。

長野選手は日ハムからのドラフト指名を拒否してまで巨人入りを熱望した選手。
確かに入団当初から活躍したけど、30代になってピークを過ぎた感は否めなかった気がします。

と言ってもまだまだ巨人の看板選手だと思っていましたが。

34歳。まだまだ活躍できる年齢だと思うので広島で活躍を期待したいですね。

大瀬良大地 年棒1億4500万円

広島の大瀬良大地投手が契約更改し、6300万円から8200万円アップの1億4500万円でサイン。
凄いね。倍以上じゃないですか。

先日更改したショートの田中広輔とほぼ変わらない額ですね。

今季15勝7敗で防御率2・62。
最多勝と最高勝率のタイトルも獲得しているし当然の数字でしょうかね。

丸 FA

広島、丸佳浩選手がFA宣言しましたね。
広島がFA宣言しても残留を認めているということで、広島残留の可能性もありますが他球団の評価を聞いてみたいと当たり前の主張。

その評価をどう考えるかですね。
お金だけで比較しちゃうと、やっぱり巨人になりそうだけど。

広島カープ 優勝

広島カープ、セ・リーグ優勝!

カープファンの方々、おめでとうございます。
25年ぶりですから、ファンは嬉しいでしょうね。

私はさすがに25年前を知っていますが、25歳未満の人は前回の優勝を知らないってことですからね。
時代を感じます。
近年カープは着実に力を付けている印象はありました。
ただ、エース・マエケンが抜けたのは大きいかと思いましたが全員野球で優勝した印象ですね。
黒田投手と新井選手が帰ってきたのは大きかったんでしょうね。

私の個人的な評価としては、今年のカープを支えた最も軸となったのはセカンドの菊池選手とセンターの丸選手だと思います。
守備面ではセンターラインを支え、攻撃では2番3番。ここがしっかりしていたから他の選手も活きたという印象です。
逆に言えば、この二人に何かアクシデントが起きていれば優勝は難しかったでしょう。

カープは成長すると選手が旅立ってしまう悲しいチームなので選手が育つのは良いことですが、優勝してしまうとそこが気になりますね。
お給料も上がるでしょうし。