仙台育英 対 大阪桐蔭 魔物現る

出ましたね。甲子園の魔物が!

「仙台育英 対 大阪桐蔭」のゲーム。

1点リードされて9回2アウト、ランナー無しまで追い込まれた仙台育英がまさかの逆転サヨナラ勝利。
甲子園の魔物が今年も現れたって見てて感じました。

9回2アウトの場面からライト杉山君がセンター前のヒット。
そして盗塁成功。
ま~~ここまでなら普通の粘りって気もしますが、徐々に魔物が近づいている予感。。。。

そして、あのまさかのプレー。
万事休すと思ったショートゴロが、大阪桐蔭のファースト中川君がベースを跨いでいて踏むのが遅れる。
誰もがゲームセットと思ったが1塁塁審はしっかり見ていてセーフ。
「魔物が顔を出したか。」と思いましたね。

そして満塁で仙台育英・馬目くんのキレイな右中間を破るサヨナラヒット。
完全に「魔物が出た!」と確信。

 

大阪桐蔭の先発・柿木くんはナイスピッチングで9回2アウトまで仙台育英打線は捕まえきれてませんでしたからね。
それが2アウトから球威に押されずにヒットが出るって、仙台育英側からすれば魔物が与えてくれた集中力か。

今年の仙台育英は宮城県大会から再試合で最後の代表校になるなどミラクルが多い。
優勝候補の大阪桐蔭まで喰ってしまうとは、東北出身としては優勝旗が東北にやってくるのか気になるところです。

 

一方、敗れた大阪桐蔭。
ベースを踏み損ねた1塁・中川君、登板せずに甲子園を去ることになったエース徳山君。悔しいでしょうね。
でも誰も責められないナイスゲームだったと思います。

しいて言うなら、冷静にジャッジした一塁塁審にアッパレ!ですね。

 

大阪桐蔭 履正社

大阪大会の準決勝。
「大阪桐蔭 対 履正社」 ライブで見たかったな~

センバツ甲子園決勝のカード。
それが大阪大会の準決勝ですもんね。

もったいないと言うか、贅沢と言うか。

結果は大阪桐蔭が勝ちましたが、映像を見ると見ごたえのある試合だったようですね。
後半、大阪桐蔭が突き放しましたが履正社がリードする場面もあって、見てる方には楽しめるシーソーゲームだったと思います。

両校のメンバーから、そのままプロに進む選手が複数いるであろうレベルの高い試合。
記憶に残る試合になるでしょう。

大阪桐蔭 優勝

史上初めての大阪同士の対戦となった決勝は、大阪桐蔭の優勝でしたね。
秋季の近畿大会と明治神宮大会で優勝している履正社の方が強いと思われていましたが、さすが大阪桐蔭です。
大舞台になると看板の強さを感じますね。

履正社のエース竹田くん。最後つかまってしまいましたが、やはり疲れもあったのでしょう。
9回はちょっとボールが高めでしたね。
それを見逃さない大阪桐蔭打線もスゴイが。

これで問題は夏ですね。
2校出れませんから、夏の大阪代表はどこになるのか。
この2校以外にも強豪校ひしめく大阪ですからね。
夏の大阪大会決勝が大阪桐蔭対履正社になれば、大阪は盛り上がると思いますが。

根尾昂(ねお あきら)

根尾昂(ねお あきら)

所属:大阪桐蔭
ポジション:投手、内野手、外野手(右投げ左打ち)

生年月日:2000年4月19日
出身地:岐阜県飛騨市
出身中学:古川中(飛騨高山ボーイズ)

身長:177cm
体重:75g

大阪桐蔭では1年夏からベンチ入り。
1年秋の秋季大会では4番を打ち、智弁学園戦ではスコアボード直撃のホームランを放つ。

中学時代は飛騨高山ボーイズでプレー。
3年時にはNOMOジャパン入り。
中日本代表で出場したボーイズ世界大会では優勝。

またスキーの腕前も凄く、中学2年時には全国中学校スキー大会で優勝しているそうです。

50m6秒0の俊足で、走攻守3拍子そろった身体能力が高い万能選手という表現がぴったりの素材。
それだけにポジションはまだはっきり決まっていないようです。
一応ショートが本職のようですが、ピッチャーとしても高い能力を選手。

センバツでの全国デビューが楽しみな選手です。

大阪桐蔭高校野球部 上下関係

最近、YouTubeで昔のPL学園の裏事情などをよく見ています。
相当厳しかったようですね。当時のPL学園内部は。
完全な寮生活で付き人制度。あの番長清原の世話をすると想像するだけでイメージが沸いてしまいます。

野球強豪校ってどこもそうなのかな?と思って調べてみると、最近は強豪校でも事情は変わってきているようですね。

最近の野球強豪校と言えば代表的なのが大阪桐蔭高校だと思います。
藤浪投手時代に春・夏制覇。プロ野球選手もたくさん排出しています。

その大阪桐蔭高校は、意外と上下関係が厳しくないそうです。
確かに藤浪投手とバッテリーを組んでいた森友哉捕手(現・西武)は1学年下。
でもテレビとかで見ても、藤浪投手とほぼタメ口に近い会話をしているのを見たことがあります。
おかわり君(西武・中村剛也)と中田翔選手の会話も上下関係をあまり感じませんでした。

大阪桐蔭高校は理不尽な上下関係よりも、本来の野球が上手くなることに重点を置いた指導方針みたいですね。
だから選手はのびのびできる。それがプロに行っても飛躍する選手が多い理由の一つなんでしょうか?

ただ、一方でのびのび野球の弊害?もあるようです。
大学に進学した選手は、あまり伸びていないとか。
進学した大学が昔ながらの上下関係が厳しい野球部だと、ついていけない選手も生まれているそうです。

野球は上手くても高校生はまだまだ未熟な年齢。あまりにものびのびし過ぎるのも弊害があるのかも知れません。

いずれにしても今後高校野球の世界に入っていく中学生以下の野球少年には、進学希望の学校がどんな風習の野球部なのかチェックはしておきたい点ですね。