及川雅貴 横浜高校で公式戦デビュー

高校野球の春季神奈川県大会決勝で昨年U15のエースとして活躍した1年の及川雅貴投手が公式戦デビューしたらしいですね。

ただ結果は洗礼を浴びたようですね。
相手は東海大相模ですからね。

2回途中5安打を浴びて降板。
この回10失点という結果だったとか。

試合自体が大荒れの展開で14対13で東海大相模の優勝。

横浜は序盤大量失点しても13点を奪い1点差まで追い上げたのがスゴイ。
しかし東京大会もそうだったけど、スゴイ打撃戦が多いですね。

春季大会はどこも強い学校は、夏に向けてエースに無理はさせないからこういう結果になるんでしょうね。

及川君はいい経験になったでしょう。
将来のエースは間違いないでしょうから。

及川 雅貴(およかわ まさき)

及川 雅貴(およかわ まさき)

所属:横浜高校
ポジション:投手(左投げ左打ち)

生年月日:2001年4月18日
出身地:千葉県匝瑳市
出身中学:匝瑳市立八日市場第二中学校(匝瑳リトルシニア)
出身小学校:匝瑳市須賀小学校(須賀スポーツ少年団(軟式)、2013年千葉ロッテマリーンズjr)

身長:181cm
体重:66kg

侍ジャパンU15代表。
2016年7月29日から福島・いわき市で開催された「第3回 WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016 in いわき」では、キューバ打線を完封。

U15代表監督の鹿取義隆監督は高い技術と潜在能力に太鼓判。
中学生で既に身長181cm。細身ながら140キロ台のキレのあるストレートを投げている。変化球のキレも評価。

鹿取監督は3年前も現横浜のエース藤平も指導しており、素質は藤平級という評価も。