健大高崎 機動破壊

健大高崎高校の”機動破壊”

全国でも有名になった機動力野球ですが、私は以前からチョット気になっていました。

「どうして毎年、脚の速い選手がいるのか?」

毎年選手が替わるのに、毎年”機動破壊”を貫けるって、脚が速い選手が都合よくそろわないとできませんよね。
他校だって脚が速い選手が欲しいのは同じなのに、どうして健大高崎だけ走れる選手が毎年いるのか?
そんな疑問が「中学野球太郎」を読んで解決しました。
健大高崎にはトレーニング専門のコーチ、塚原謙太郎さんって方がいるんですね。
塚原さんは野球部創設時からトレーニングを担当しているそうで、機動破壊の基礎はここから生まれているそうです。

塚原さんは東北福祉大、日本生命でピッチャーとして活躍。
現役引退後、専門学校でトレーニング法を一から学び現在に至るそうです。
東北福祉大ってことは青柳監督の後輩になるのかな?

前橋育英 健大高崎 ライバル

今年のセンバツ甲子園、群馬県からは前橋育英と健大高崎の2校が選ばれたので群馬県内はちょっと盛り上がっている感じです。
私が群馬県に在住なので。

群馬県の高校野球勢力は、少し前までは桐生第一が強い時代がありました。
正田投手で夏の甲子園優勝した頃とか。
その後、桐生第一野球部員の不祥事事件があって以降、元気がなくなってしまった印象です。

その後に強くなってきたのが前橋育英と健大高崎という印象です。

先に甲子園の土を踏んだのは健大高崎だったと思います。
「機動破壊」と呼ばれる程の機動力野球は全国でも有名になったと思います。

前橋育英は平成25年夏の甲子園に初出場。
現西武ライオンズの高橋光成投手を擁して初出場初優勝を成し遂げました。

この2校は今はライバル関係と言っていいと思います。
昨年(平成28年)は春季大会、夏季大会、秋季大会、全て県大会決勝のカードはこの2校でした。
そして、去年決勝の結果はすべて前橋育英の勝利。健大高崎はかなり意識しているのではないでしょうか。

両校とも、秋の関東大会でベスト4という結果でセンバツの切符を手にしました。

過去のセンバツの成績で言うと健大高崎の方がベスト4が1回、ベスト8が1回と相性が良いようです。
秋は横浜を破ってますし自信になっているのではないでしょうか。

前橋育英はセンバツは6年前に1度出場していますが初戦敗退でした。
ただ今回は夏との連続出場にもなりますし、経験値は増していると思います。

柘植世那(つげ せな)

柘植世那(つげ せな)

所属:Honda鈴鹿
ポジション:捕手(右投げ右打ち)

生年月日:1997年6月3日
出身地:群馬県高崎市
出身高校:健大高崎高校
出身中学:高崎市立矢中中(藤岡ボーイズ)

身長:176cm
体重:78kg

甲子園は2年夏、3年春・夏出場。
2年夏はベスト8。3年夏はベスト16。

2015年プロ志望届けを提出するがドラフトされず、社会人のHonda鈴鹿へ進み3年後のドラフトを目指す。

脇本直人(わきもと なおと)

脇本直人(わきもと なおと)

所属:千葉ロッテマリーンズ
背番号:62
ポジション:外野手(右投げ左打ち)

生年月日:1996年6月10日
出身地:群馬県沼田市
出身高校:健大高崎高校
出身中学:沼田市立沼田中学校

身長:180cm
体重:80g

3年夏、甲子園ベスト8。
準々決勝では大阪桐蔭に敗れるも強打を俊足をアピール。

2014年ドラフト7位で千葉ロッテマリーンズ入団。

埼玉西武ライオンズ、前橋育英出身の高橋光成投手とは同じ沼田市出身で幼馴染だそうです。