作新学院 小針崇宏野球部監督

2016年、夏の甲子園優勝の作新学院を率いた小針崇宏監督ってどんな人なんでしょう?
ちょっと調べてみました。

年齢は33歳。
高校野球の監督としては若いですね。
この年齢で甲子園優勝監督ってスゴイ。

監督に就任したのは23歳という若さ。
筑波大学を卒業後、当時の監督で小針さんの恩師の大塚孝前監督に「母校に帰ってこい」と誘われたそうです。
そしてコーチを約半年経験して、すぐに監督に就任したとか。

ただ、この頃の作新学院は外から見ていても強い学校じゃなかった。
江川時代は遠い昔の話で、甲子園からは30年近く遠ざかっていた時代。
そこで若手に世代交代という学校側の方針もあって若い小針監督が誕生したようです。

23歳で監督に就任した小針さんですが、さすがに当時は経験不足。
そこで、「甲子園塾」という指導者塾に参加したそうです。
甲子園塾では元星稜の山下監督、元簑島の尾藤監督、当時鳴門工の高橋広監督(早大監督)、元育英の日下篤監督などから指導を受けたそうです。
ちなみに、今夏の甲子園に出場した富山第一の黒田監督も一緒に受講していたとか。

そんな土台もあって名指導者が生まれるんですね。

参考:デイリースポーツより

今井達也 プロ志望

甲子園優勝投手、作新学院の今井達也投手がプロ志望届を提出したみたいですね。

作新学院は歴代進学が基本線ってことでしたが、甲子園であれだけ活躍すれば即プロ野球という路線は外せなかったんでしょうね。
当然、本人は将来プロ野球選手を目指しているんでしょうから。

これでドラフトが面白くなりましたね。

今井達也 ネックレス

甲子園優勝投手となった作新学院・今井達也投手のネックレスがツイッターなどで話題になっていたそうですね。

私は気づきませんでしたが、高校球児がネックレスとかオシャレはどうなの?と思いましたが、どうやらプロ野球選手が着けているようなネックレスとは意味合いが違うようです。

4月に亡くなったお爺ちゃんの遺骨をカプセルに入れてそれをネックレスにして、お爺ちゃんの思いと共に闘った甲子園だったそうです。

いい話や~

泣きそう。

作新学院 2016年夏の甲子園優勝!

2016年、夏の甲子園優勝は作新学院(栃木県)でしたね。

北海高校も頑張りましたが、7対1で作新学院の勝利。

作新学院は素直に強かったと思います。
今日のエース今井達也くんも良かった。球が走ってましたね。
準決勝、5回で交代したのも良かったのでしょう。
後半は点差もあって余裕がでたのか、緩急を意識した余裕も感じられました。

作新学院は54年ぶりの優勝らしいですね。
あの江川卓でも優勝できなかったわけですから。

私が高校生の頃は甲子園からずいぶん遠ざかっていて弱いイメージでしたが、苦労して再建したんでしょうね。

おめでとうございます。

今井達也(いまい たつや)

今井達也(いまい たつや)

所属:作新学院高校
ポジション:投手(右投げ右打ち)

生年月日:1998年5月9日
出身地:栃木県鹿沼市
出身中学:鹿沼西中(鹿沼レッドソックス)

身長:180cm
体重:72kg

スリークォーターから最速151キロのストレートを武器に甲子園の初戦、尽誠学園を完封。
高校BIG3が注目される中、注目度急上昇!

まだ体の線が遅い印象で伸びしろも期待できそうです。