中日ドラゴンズ 京田陽太(きょうだ ようた)

京田陽太(きょうだ ようた)

所属:中日ドラゴンズ
ポジション:内野手(右投げ左打ち)

生年月日:1994年4月20日
出身地:石川県
出身大学:日本大学
出身高校:青森山田
出身中学:寺井中(白山能美ボーイズ)

身長:182cm
体重:80kg

青森山田では1年春からレギュラーも甲子園出場なし。
日大でも1年春から活躍。

大学日本代表では、巨人のドラ1吉川尚を押しのけてレギュラー出場。

50m5秒9の俊足と堅実な守備が魅力。

中日 荒木雅博 祝2000本安打達成!

中日の荒木雅博選手が2000本安打達成!
おめでとう!

史上48人目らしいですね。

中日の荒木と言えば、井端との二遊間コンビのイメージが強い。
ゴールデングラブ賞の常連で、どちらかと言うと守備が上手い選手というイメージですが、打つ方でも結果を残したということですね。

2000本安打を打つくらいですから中日でバリバリのレギュラーですが、入団当初は苦労したんですね。意外と知らないかも。
95年、熊本工からドラフト1位で入団。ただし福留孝介、原俊介のハズレ1位。
入団5年終了時では、たったの15安打。

98年から3年間はスイッチヒッターにもチャレンジしていたらしいですね。気づかなかった。
左では2安打打っているそうです。

現在39歳。
長くプレーして欲しい選手の一人です。

元中日・巨人の正捕手 中尾孝義氏が専大北上高監督に

元中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツで正捕手として活躍した中尾孝義氏が岩手県の専大北上高校の野球部監督に就任ですか。
これはスゴイ。

今まで元プロ野球選手が高校野球の監督に就任する例はありましたが、ここまで1軍でバリバリレギュラーで活躍した選手の高校野球監督って例があるんでしょうか?
自分の中では、ちょっと記憶にない。

自分の中で中尾選手の印象は巨人に移籍した頃ですね。
中日の正捕手が巨人に移籍。当時の巨人の正捕手は山倉。
山倉選手もプライドを見せ「正捕手を譲る気はない」という発言をしていましたが、結果中尾選手が正捕手獲っちゃったもんな。
キャッチャーとしてはバッティングが良かったよな~
中尾孝義氏は現在60歳。
普通の先生なら定年の歳に監督就任。
ってことは先生ではないってことですね。野球部監督専任ってことなんでしょうね。

資格関係がよく分かりませんが、日刊スポーツによると
「学生野球回復制度の研修を受け、7日に日本学生野球協会の適性認定を受けていた。」と書いてあります。

これを受ければ野球部監督の資格が得られるみたいですね。
受験資格もあるんでしょうね?

大島康徳 大腸がん

元中日、日本ハムでプレーした大島康徳さんがステージ4の大腸がんを公表ですか。
66歳。心配ですね。
でも、本人は手術も受けて今は元気な様子でちょっと安心ですかね。

私の大島さんの思い出と言えば、日本ハム時代。
2000本安打間近で足踏みしている頃に、丁度私の住んでいた福島のあずま球場に来たんですよね。
そのゲームを見に行っていました。

福島で2000本安打達成はなりませんでしたが、その記憶残っています。

日本ハムの監督も務めた人ですし、長生きして野球界に貢献して欲しいと思います。
ただ、大腸がんは怖い。
自分も他人事ではない。
先週はお腹痛かったし。
気を付けよう。

岡田俊哉

WBC侍ジャパンのメンバーに中日ドラゴンズの岡田俊哉投手が選ばれました。
私の印象としては、智弁和歌山高校時代の印象が強いですね。

智弁和歌山では1年生から活躍。
甲子園には合計4回出場しているのかな?

左投手だし将来的にも楽しみな投手だと思っていましたが、個人的に気になっていたのは体の線の細さですね。
でも心配なかったようですね。
現在でも身長179cmで体重65kg。プロの中では細身。それでもWBC代表に選ばれるくらいですから。

WBCでは、おそらく貴重なワンポイントやセットアッパーとして小久保監督は考えているんでしょう。
こういう左投手は使い勝手がいいですからね。本番での活躍を期待したい。
所属:中日ドラゴンズ
ポジション:投手(左投げ左打ち)

生年月日:1991年12月5日
出身地:和歌山県日高郡美浜町
出身高校:智弁和歌山高校
出身中学:松洋中(日高マリナーズ)

身長:179cm
体重:65kg