大谷翔平 ホームラン方向

前から思っていたのですが、大谷翔平選手のホームランってほぼセンター方向(バックスクリーン方向)ですよね。
ヒットは外角でも引っ張ってライト方向ってシーンも多く見かけますが、ホームランに限ってはライト方向ってほぼ見かけません。
常識的に考えてセンター方向は単純に距離が離れている分入りにくいイメージがありますが、大谷翔平選手に限っては全く当てはまっていない印象です。
しかもフェンスギリギリに入るホームランってのもほぼ見かけない。入る時は完全にオーバーフェンスって感じ。

それだけ飛距離が出せるスイングってことなんでしょうけど、もしライト方向にも打球が飛んで行けばもっとホームランが増えそうな気がしてしまうのは素人の発想なんでしょうね。
それにしてもたくさんのホームランバッターを見てきましたが、ここまで打球の方向が偏っているバッターも珍しい気がします。

高校通算ホームラン数 ベスト5

早稲田実業の清宮幸太郎選手が高校通算88号まで伸ばしたそうです。
大阪桐蔭時代の中田翔の記録87号を抜いたそうです。

でも、まだ上の記録があるんですね。

 
《高校通算ホームラン ベスト5》

1位 107本
山本大貴(神港学園=12年)、現JR西日本

2位 97本
黒瀬健太(初芝橋本=15年)、現ソフトバンク

3位 94本
伊藤諒介(神港学園=10年)、現大阪ガス

4位 88本
清宮幸太郎(早実=17年)

5位 87本
中田 翔(大阪桐蔭=07年)、現日本ハム

参考:日刊スポーツ