センバツ甲子園 タイブレーク制導入

今年のセンバツ甲子園からタイブレークの導入が決まったらしいですね。
今の流れからすれば、遅すぎた決断とも思える。
決勝は今まで通り延長15回までやって、決まらなければ再試合らしいけど。

とりあえずセンバツは決まりましたが、今後夏の甲子園も地方大会も導入されていく方向になるんでしょうね。
サッカーにはPKってのがあるけど、今まで野球に無かったのが不思議な気もする。

ただ、アマチュアの軟式野球とかではとっくにやってましたけどね。
自分もノーアウト満塁からのタイブレークは何度もやりました。

タイブレークのルールはローカルルールなんでしょうね。
センバツから導入されるのはノーアウト1・2塁から始めるらしい。
満塁から始めた方が決着が早いと思うけど、何か理由があるんでしょうね。

野球 タイブレーク

昨日の侍ジャパン対オランダ戦。
熱戦でしたね。

熱戦の末、侍ジャパンが勝ったのは良かったですがオランダ強い。
打線が手ごわかったですね。

接戦は最後タイブレークになりましたが、プロ野球でタイブレークは初めてでしょうね。見たことない。
アマチュア野球だと結構あるんですよね。

自分も軟式野球をやっていたので、何度も経験があります。

今回WBCで導入されたのはノーアウト1・2塁からのスタート。
打順は前回の続きからで、走者はその前の2人というルール。

自分が何度も経験しているのは、ノーアウト満塁からがほとんどでしたが、その大会の決め方次第なんでしょうね。

タイブレークは試合が長引くことを考慮してのルール。
サッカーで言えばPK戦に近いようなルール。

試合を早く決着するためには選手に消耗が少ないルール。
高校野球にも導入の検討はされているようですが、伝統にこだわる人もいるし意見は分かれることろですね。

ただ、WBCではスモールベースボールの日本には合いそうなルールです。