甲子園 8月5日開幕

甲子園に出場する56代表校が決まりましたね。
とうとうという感じもありますが、開幕するのはもう今週末の8月5日なんですよね。
抽選会は明後日の8月2日。
昨日決まった学校は色々準備も忙しいでしょうね。

横浜 万波中正(まんなみ ちゅうせい)

南横浜の決勝戦。群馬でもEテレで中継していたので見れました。
四番万波中正(まんなみ ちゅうせい)爆発でしたね。

初回はセンターのフェンス直撃の先制2点タイムリー2ベースヒット。
3回には特大2ランホームラン。

成長した姿が甲子園で見れそうな雰囲気です。

背番号は13でしたが、甲子園では何番を付けるのか?

大阪桐蔭 エースは根尾昂?

注目の「大阪桐蔭 対 履正社」おもしろいゲームだったみたいですね。
大阪桐蔭は9回2アウトまで追い込まれてからの逆転。

私はスマホでチェックしながら注目していましたが、8回に履正社が3点入れて逆転した時点で「大阪桐蔭ヤバイな!」と思って見ていましたが、9回のスコアを見ると再逆転勝利。
最後の最後まで追い込まれてからの逆転勝ちって、「さすがの経験値だな!」と思いましたね。

その後、内容をチェックすると大阪桐蔭の逆転は履正社のフォアボール連発の押し出しからだったんですね。
履正社のピッチャーもそうとうメンタルが追い込まれていたんでしょうね。球場の雰囲気も凄かったんでしょう。

ところで、このゲーム大阪桐蔭の先発は背番号1の柿木くんじゃなくて背番号6の根尾くんでしたね。
今までのゲームをみても大事なゲームでは西谷監督は根尾くんを先発させている印象です。
そういう意味で背番号は6でも大阪桐蔭の実質的エースは根尾くんなんですかね。

しかしハイレベルな選手層。
それが常勝軍団の強さなんだろうな。

>>  根尾昂プロフィール

聖光学院12連覇

福島県では聖光学院が12連覇を達成。
福島商業相手に15-2の圧勝。ちょっとレベルが違う感じですね。

ここまで連覇が続くと他県の人も、福島県と言えば聖光学院しか知らない感じじゃないですかね。

でも、選手達もここまで続くとプレッシャーもあるだろうな。
当然、毎年甲子園に行っているわけで、甲子園に行って当たり前の状況。
負けが許されない。もし負けたら。
そんなプレッシャーを撥ね退けての12連覇達成ですからアッパレですね。

しかしライバル校が出てきませんね。福島県は。
ライバル筆頭と思われた日大東北はアメフト問題の日大系だけに今後どうなのか。

佐々木朗希(ささき ろうき)

大船渡高校の2年生エース、佐々木朗希(ささき ろうき)くん負けちゃったか。
しかも登板せずに。トーナメントの厳しさですね。

MAX154キロを投げる長身投手で岩手県ということで、どうしても大谷翔平選手と比べられてしまいますが、その大谷選手の高校2年時よりも速い球を投げているというのはスゴイ。そりゃー比べられるわな。
まだ2年生ということで、まだ2回甲子園へのチャンスが残っていますから、やっぱり甲子園で投げる姿見てみたいですね。

そして佐々木朗希(ささき ろうき)投手のプロフィールを確認してみると東日本大震災で被災しているんですね。
陸前高田市出身で小学3年生で野球を始め、震災の影響で大船渡市に移住した経歴があるそうです。そういう意味でも頑張って欲しいな。

とりあえず佐々木朗希(ささき ろうき)という名前は憶えておこう。

佐々木朗希(ささき ろうき)

所属:大船渡高校
ポジション:投手(右投げ右打ち)

生年月日:2001年11月3日
出身地:岩手県陸前高田市
出身中学:大船渡一中

身長:189cm
体重:81kg

高校野球 夏の地方予選開幕

全国的に今日から夏の甲子園出場をかけた地方予選がスタートする地域が多いようですね。
でも、大雨で開会式は中止の地域が多いようです。

私の住んでいる群馬県も今日開幕なのですが、どうなんでしょう?
今のところ小雨が降っていますが。

大阪桐蔭 春季近畿大会優勝

センバツの優勝校、大阪桐蔭。
春季近畿大会も優勝!さすがですね。

決勝のカードはセンバツの決勝と同じ智弁和歌山相手。
センバツ決勝を同じカードを見れるって、やっぱり関西地区は激戦区ですね。

これで夏の優勝候補は間違いなく大阪桐蔭でしょう。
追われる立場に立つってどうなんでしょうね。

健大高崎 春季関東大会優勝

健大高崎 対 日大三高との対戦となった春季関東大会。
群馬県民としてはやはり健大高崎に注目してしまいましたが、優勝しちゃいましたね。

15対10というスゴイ乱打戦。
健大高崎は3本塁打で20安打を放ったということですから打ち勝ったという内容ですね。

夏に向けて自信になったと思いますが、課題は投手陣ですかね。
準決勝の木更津総合戦も9対8でしたし。