西川僚祐(佐倉リトルシニア)

ジャイアンツカップで優勝した千葉県・佐倉リトルシニアの主砲、西川僚祐くん凄いですね。
中学3年生が東京ドームでフェンス越えの満塁ホームランって。

それもそのはず。
中学3年生なのに体格は身長182cm、体重92kgだそうです。

もう体格は立派な大人。
来年どこの高校に進学するのか分かりませんが1年生から高校野球界を賑わせる予感。

気になるのは進路ですね。
このくらいの選手なら、全国の強豪校から声がかかっているんでしょうから。

広陵 中村奨成(なかむら しょうせい)

中村奨成(なかむら しょうせい)

所属:広陵高校
ポジション:捕手(右投げ右打ち)

出身地:広島県廿日市市
出身中学:大野東中(大野シニア)

身長:181cm
体重:76kg

遠投120m、50m6秒0。

プロ注目の強肩キャッチャー。
広陵・中井哲之監督から巨人・小林誠司以上というコメントも

 

前橋育英 皆川喬涼(みなかわ きょうすけ)

全国屈指の強豪校、明徳義塾と対戦した前橋育英、勝ちましたね。
群馬県では盛り上がっています。

エースの皆川喬涼(みなかわ きょうすけ)くん。昨日はナイスピッチングでしたね。
惜しくも完封とはなりませんでしたが、前回の反省も生かし球速は今大会最速の149キロも計測。
今大会はホームランがたくさん出てピッチャーが不作と言われていますが、そんな中名前を上げたのではないでしょうか。

次戦は隣県、埼玉県の花咲徳栄。
また強豪。でも見る方は楽しみです。

 

皆川喬涼(みなかわ きょうすけ)

所属:前橋育英高校
ポジション:投手(右投げ右打ち)

生年月日:1999年10月4日
出身地:群馬県
出身中学:館林四中

身長:178cm
体重:79kg

遠投110m、50m6秒0。

増田 珠(ますだ しゅう)

増田 珠(ますだ しゅう)

所属:横浜高校
ポジション:外野手(右投げ右打ち)

生年月日:1993年2月16日
出身地:長崎県
出身中学:長崎市立淵中学校(長崎シニア)

身長:180cm
体重:83kg

横浜高校の4番。
神奈川県大会4試合連続5ホームランで甲子園出場を決定。

中学時代はU15侍ジャパンの4番。
横浜高校では1年春からベンチ入り。

遠投100m、50m6秒0

源田壮亮(げんだ そうすけ)

源田壮亮(げんだ そうすけ)

所属:埼玉西武ライオンズ
ポジション:内野手(右投げ左打ち)

生年月日:1993年2月16日
出身地:大分県
出身チーム:トヨタ自動車
出身大学:愛知学院大
出身高校:大分商
出身中学:明野中(明野ビッグボーイズ)

身長:179cm
体重:73kg

2016年、ドラフト3位で埼玉西武ライオンズ入団。背番号6。
甲子園出場なし。

 

プロ野球見るならスポナビ

佐々木 朗希(ささき ろうき)

佐々木 朗希(ささき ろうき)

所属:大船渡高校
ポジション:投手(右投げ)

出身地:岩手県
出身中学:大船渡一中

身長:186cm
体重:71kg

大船渡高校の1年生。
高校入学ご3か月で球速もアップ。
盛岡北戦で147キロをマーク。

中学時代は軟式野球で活躍。強豪校からのお誘いもあったようですが、地元の高校に進学。

まだまだ体の線が細いが、2年後どれだけ成長するか楽しみな投手。

中日ドラゴンズ 京田陽太(きょうだ ようた)

京田陽太(きょうだ ようた)

所属:中日ドラゴンズ
ポジション:内野手(右投げ左打ち)

生年月日:1994年4月20日
出身地:石川県
出身大学:日本大学
出身高校:青森山田
出身中学:寺井中(白山能美ボーイズ)

身長:182cm
体重:80kg

青森山田では1年春からレギュラーも甲子園出場なし。
日大でも1年春から活躍。

大学日本代表では、巨人のドラ1吉川尚を押しのけてレギュラー出場。

50m5秒9の俊足と堅実な守備が魅力。

平良海馬(たいら かいま)

平良海馬(たいら かいま)

所属:八重山商工
ポジション:投手(右投げ左打ち)

出身地:沖縄県石垣市
出身中学:石垣中(八重山ポニーズ)

身長:173cm
体重:80kg

最速152キロのプロ注目右腕。
沖縄大会1回戦首里高校戦で0-1で敗れるも151キロを2度計測。
小柄ながら馬力を感じる投手。

 

国際武道大 勝俣翔貴(かつまた しょうき)

国際武道大 勝俣翔貴(かつまた しょうき)

所属:国際武道大
ポジション:内野手(右投げ左打ち)

生年月日:1997年7月20日
出身地:神奈川県箱根町
出身高校:東海大菅生(東京)
出身中学:箱根町立箱根中学(小田原足柄リトルシニア)

身長:180cm
体重:80kg

2年前、東海大菅生のエースで4番だった勝俣翔貴(かつまた しょうき)選手。
現在は国際武道大の2年で、先日の大学選手権では3番サードで活躍。

東海大菅生時代はセンバツ甲子園に出場。しかし夏の甲子園には出場できず。
思い出されるのは夢を絶たれた早稲田実業との西東京大会の決勝。1年生の清宮フィーバーが始まった年。
8回の時点で5点リード。優勝目前だった8回にまさかの8失点で逆転負け。
その時のエースが勝俣翔貴投手。

当時からバッティングも高く評価されていて、U18侍ジャパンのメンバーに選ばれ打者として活躍。

大学進学後は内野手に転向していたのは最近知りました。

2年前もドラフト候補に挙がっていたようですが、ドラフトはされず大学に進学。
個人的にちょっと気になったのが、「東海大菅生なのに東海大に進学じゃないんだ?」
でも、よく調べてみると国際武道大も東海大グループらしいですね。

2年生で大学でこれだけ活躍しているということは、2年後のドラフトは上位指名の可能性高いのではないでしょうか。

 

近藤弘樹(こんどう ひろき)

近藤弘樹(こんどう ひろき)

所属:岡山商科大
ポジション:投手(右投げ右打ち)

生年:1995年生まれ
出身地:広島県
出身高校:安佐北高

身長:190cm
体重:85kg

最速152キロのプロ注目右腕。
大学選手権、1回戦近畿大を相手に8安打2失点、8奪三振の完投勝利。

高校時代は1年からベンチ入りも県大会ベスト8まで。甲子園出場なし。

岡山商科大では1年春からリーグ戦に出場。