西武・菊池雄星 2018年開幕投手

まだ年が明けていませんが、西武の辻監督が早くも来年(2018年)の開幕投手を菊池雄星で内定ですか。
ま、当然かな。
今の西武のエースは菊池雄星で間違いないでしょうから。

辻監督としては菊池雄星に続くエース候補が育って欲しいという気持ちもあるでしょうね。
巨人から人的補償で獲得した高木勇人や、若手では高橋光成投手かな?

清原和博ジュニア 清原勝児 巨人ジュニアデビュー

とうとうこのニュースが出てきたか!

9月に巨人ジュニア入りが内定していた、元巨人の4番清原和博氏の次男・清原勝児(かつじ)がプロ野球12球団ジュニアトーナメントに出場。
阪神ジュニア相手に父と同じ4番ファーストで出場。
背番号は「6」。ここは「5」じゃないのか?

結果は残念ながら3打数ノーヒットだったようですが、いい当たりの打球は打っていたようですね。

ジュニアとは言え、この世代の4番を任されるくらいですから将来性も楽しみですね。
4年後、どこの高校のユニフォームを着るのか。楽しみです。

ソフトバンク 柳田悠岐 3年総額12億円で契約

ソフトバンクの柳田悠岐選手が3年総額12億円プラス出来高で契約したそうですね。
単純に3で割れば1年4億の大型契約。

現在29歳で年齢的には一番脂がのっている頃でしょうか。
複数年契約を結んで他球団への移籍を防いだ形ですね。

確かに凄い契約ですが、ソフトバンクには他にも年棒4億円以上の選手が4人いるんですね。(和田、松坂、摂津、松田)
ソフトバンクはやっぱり金あるな~

数字を残せば給料が貰える球団なら選手もやる気出るでしょうね。

ソフトバンク 武田翔太 背番号「18」

ソフトバンクの武田翔太投手が来季背番号「30」から「18」に変更することが発表されましたね。
年棒は1億2000万円から25%ダウンの9000万円で契約更改しましたが。

松坂投手が着けていた背番号「18」。
空いた番号を武田翔太投手が継承する形になった訳ですが、千賀という選択肢はなかったのかな?

今年の成績では千賀投手の方が上。
契約も千賀投手は6000万円アップの1億2500万円で更改しているし。

千賀投手は以前、育成から選手登録された時「21」だったんですよね。
その後、今の「41」に変わってからブレイクした感じがあるから、そのままの方がいいのかな?

背番号でみると武田翔太がエース番号ってことなんでしょうから、球団からの期待度は大きいのでしょう。「

広島 菊池涼介 年棒2018

広島の菊池涼介選手が4500万円アップの推定年俸1億9000万円で契約更改したみたいですね。

正直な感想。「渋いな。広島」

WBCでも頑張って、シーズンも優勝。
ゴールデングラブ賞には5年連続で選ばれる。

日本シリーズには出れませんでしたが、138試合に出場して十分優勝に貢献したいと思う。
それで上がったのが4500万円だけか・・・・
他球団なら、今頃いくらになっていたか。

丸選手が2億1000万円で更改してるから、そのチョット下に位置していないとダメってことなのかな?
ってか丸も安い。

本人は十分評価してもらったとコメントしているようだが、貢献度からすると安いような気がする。

増井浩俊 オリックス入団

日本ハムからFA宣言していた増井浩俊投手のオリックス入団が決まりましたね。
背番号17番。いい番号。期待されてますね。

リリーフで活躍が期待されていますが、増井投手が活躍できるかどうかでオリックスの来季の成績は大きく左右されそうですね。

オリックスは地味な印象ですが、けっこういい選手もいるから、かみ合えば今年のDeNAのようなブレイクはあり得ると思う。
これにイチローが加わればっても思いますが無理かな?

武田久 アマ日本通運復帰

日本ハムを退団した武田久投手。
古巣の社会人、日本通運に復帰するらしいですね。
投手兼コーチってことなので、一応現役続行ってことらしい。

社会人に戻るってことは、さすがに給料面ではプロ程とはいかないと思いますが、また野球ができる環境は嬉しいでしょうね。

古巣に戻れるって、やっぱり人間性も評価されてることでしょうね。
将来は監督候補か?それとも引退後は普通に会社員として働くのか?
いずれにしても仕事があるって素晴らしい。

都市対抗野球で登板が見れるかな?

一二三慎太 逮捕

ショッキングなニュースですね。
東海大相模では甲子園準優勝投手の元阪神、一二三慎太が性的暴行で逮捕とは。

去年阪神をクビになって今年は独立リーグの石川ミリオンスターズでプレー。
25歳とまだ若いし、NPB復帰を目指していたんでしょうけど、これで可能性は限りなくゼロになってしまいましたね。

東海大相模の関係者も、阪神関係者もショックでしょうね。

新人王 2017

2017年、新人王が決まりました。
パ・リーグが西武の源田壮亮、セ・リーグが中日の京田陽太
共にショートの選手が受賞しましたね。

今年はいいショートが多いと思いましたが、新人の源田も京田も新人王を獲得しましたね。
二人は先日行われた侍ジャパンメンバーにも選ばれて、どっちがショートを守るのかな?と思って見ていましたが、ショートは源田でセカンドに京田でしたね。
二人とも甲乙つけがたいいい選手ですが守備面ではやや源田、攻撃面ではやや京田って感じでしょうか?

他にもソフトバンクの今宮、楽天の茂木など若いいいショートが増えましたね。

源田も京田もドラフト1位ではない。
ドラフトの順位イコール、必ずしも即活躍とは繋がらないものですね。