立浪和義 野球殿堂入り

中日ドラゴンズでプレーした立浪和義氏の野球殿堂入りが発表されましたね。
プレーヤーとしては立派な成績ですし文句なしの評価だと思いますが、意外だったのはPL学園出身で初なんですね。
あれだけプロ野球選手を輩出した学校なのに意外。
清原は無理だけど先輩桑田も殿堂入りはまだなんですね。

長野久義 広島へ

FA宣言で丸選手を獲得した巨人への人的補償で長野久義外野手が広島へ行くことになったか。
巨人は長野選手をプロテクトから外していたんですね。ピークを過ぎたと判断していたのでしょうか。

長野選手は日ハムからのドラフト指名を拒否してまで巨人入りを熱望した選手。
確かに入団当初から活躍したけど、30代になってピークを過ぎた感は否めなかった気がします。

と言ってもまだまだ巨人の看板選手だと思っていましたが。

34歳。まだまだ活躍できる年齢だと思うので広島で活躍を期待したいですね。

摂津 引退

ソフトバンクを自由契約になった摂津投手が、どうやら引退ですか。
トライアウトを受けずにオファーを待っていたらしいですが、オファーなしですか。
引退記者会見の予定もないとか。

ソフトバンクの元エースの去り際としては、ちょっと寂しく感じますね。
ホークスファンは特に残念でしょう。

田中賢介 引退宣言

日本ハムの田中賢介選手が契約更改と同時に来シーズン限りでの引退を発表。

前年に引退宣言は珍しいパターンですが、シーズン前半に引退宣言する選手が最近出てきているし、近年の流行なんでしょうか?
チームメイトの士気が上がるのが狙い?

ま、でも選手としてはスッキリしていいかもね。
田中選手はそう判断したのでしょう。

菅野智之 メジャー挑戦

巨人のエース菅野智之投手が6億5千万円で契約更改したらしいですね。
大魔神佐々木さんに並ぶ日本球界最高年棒らしいです。

ここまでくると日本球界では抱えられないレベルの選手になってきたと思ってしまいます。
佐々木さんも松井さんもイチロー選手も、このレベルに達してアメリカに行ってしまいましたからね。

この先、菅野投手はどうするのか?
もちろん成績次第でしょうが、メジャー挑戦の夢があるのか?

浪人してまで巨人入りしたのに、メジャーに行きたいって言えるのか?
と思っていましたが、メジャー挑戦の夢は公言しているんですね。ちょっと意外。

今29歳。
メジャーに行きたいなら、もうそんなに時間はないと思いますが。

大瀬良大地 年棒1億4500万円

広島の大瀬良大地投手が契約更改し、6300万円から8200万円アップの1億4500万円でサイン。
凄いね。倍以上じゃないですか。

先日更改したショートの田中広輔とほぼ変わらない額ですね。

今季15勝7敗で防御率2・62。
最多勝と最高勝率のタイトルも獲得しているし当然の数字でしょうかね。

坂本勇人 年棒5億円

巨人の坂本勇人選手が1億5千万円アップの年棒5億円で契約更改ですか。
凄いですね。ショートとしては阪神鳥谷を抜いて最高額だそうです。
今年は打率も良かったし、今一番脂がのっている時期ですね。

だた、どうしても同級生の田中マー君と比べてしまう。
アメリカンドリームと比べると日本は安いな~
仕方ないけど。

西勇輝 阪神

オリックスからFA宣言していた西勇輝投手が、どうやら阪神入りでほぼ決まったみたいですね。
同じ関西のチームですが、注目度は断然高くなるでしょう。
阪神ファンは活躍しないと厳しそうですし、やりがいはありそうですね。

岩隈久志 巨人入り

ビックリしました。
マリナーズを退団した岩隈久志投手が巨人入りですか。

てっきり楽天復帰かと思っていましたが原監督狙っていたんですね。
原監督も復帰早々動いてますね。

問題は岩隈投手のコンディションですよね。
全盛期のようなピッチングができるならば当然戦力になるでしょうが。
蓋を開けてみないと分からないような気もしますね。

炭谷銀仁朗 巨人入り

西武からFA宣言していた炭谷銀仁朗捕手の巨人入りが決まりましたね。背番号は「27」

最も危機感を感じているのは小林捕手でしょう。
来季は阿部選手も捕手復帰するらしいので、3人で競わせるのが原監督の狙いなんでしょうね。

打撃では阿部選手が抜けていますが、ベテランだけに怪我の不安が残る。
守備面では小林対炭谷ってことになるんでしょうね。

小林くんがもっと信頼される捕手に成長していれば・・・ってのが、巨人の球団としての本音じゃないでしょうか。

あと残るは広島の丸か。
丸選手も取れれば巨人としては補強大成功ってことなんでしょうけど、丸選手の決断はどうなるのか。