山本由伸 完全試合ならずも15K

昨日のオリックス山本由伸投手は凄かったようですね。
7回までノーヒットピッチング。
もう少しで完全試合か!ってくらいまでいったのですが、8回に鈴木誠也にヒットを許して完全試合はならず。
それでも8回無失点で15K。

オリックスの若きエースはこれからどんどん株を上げそうですね。
近い将来はメジャーかな。
巨人も欲しがりそう。

元木大介コーチ 年棒

今年の巨人のベンチの映像を見ると、原監督の近くに元木ヘッドコーチと吉村作戦コーチの顔がよく映る。

去年からコーチ就任している元木コーチ。
去年は内野守備打撃コーチという肩書きだったので3塁コーチボックスにいる画をよく見かけましたが、今年はヘッドコーチに昇格。だから原監督のそばにいるんですね。
で気になったのが、吉村コーチの方が先輩だけど年棒ってどっちの方が高いんだろう?

コーチの年棒を載せているサイトを探してみるとサンスポで発見。
それによると元木コーチの年棒は推定4000万円。それに対して吉村コーチは推定3000万円。
やっぱり先輩・後輩とかの経験年数よりも現ポジションに対するお給料ってことなんでしょうね。
元木コーチも去年はそんなに貰ってなかったでしょうし、出世したってことなんでしょう。

にしても調べてみると巨人はコーチの年棒も高めのようですが、他球団はそんなに高くないようです。
1000万円から2000万円くらいって情報も。
どうなんだろう?このくらいの年棒なら、私立の名門高校野球の監督でも貰ってそうな気もするが・・・

阪神 西勇輝 開幕先制ホームラン

ようやく2020年のプロ野球が開幕。
昨日は野球ファンには楽しい一日でしたね。

私は巨人・阪神戦を観ていたのですが、阪神の開幕投手、西勇輝投手には可哀想な試合でした。
6回まで1失点で素晴らしい内容のピッチング。
打っては菅野から先制ホームランを打って、2打席目はタイムリー。

矢野監督は逃げ切れる計算だったんでしょうけど、これが近代の野球の展開ですね。

鳥谷 ロッテ

阪神を退団した鳥谷選手の獲得にロッテが動くかもって報道がでてますね。
果たして実現するのかどうか。
もし獲得したとしても代打要因だろうな。

島袋洋奨 引退

ソフトバンクの島袋洋奨投手が引退か。
沖縄、興南高校のエースとして甲子園で春夏優勝。
中央大を経てソフトバンク入り。

体は小さいがトルネード投法の左腕だけに活躍する場面はプロでもあるのかな?と思っていましたが、プロではほぼ1軍登板できずに26歳で戦力外での引退。

プロでは活躍できませんでしたが、まだ若いし野球はNPBだけじゃないし、彼が野球界で活躍するポジションはあると思います。
今後は分かりませんが、指導者として活躍して欲しい気がします。

巨人 5年ぶりの優勝

巨人がやっと優勝できましたね。
5年ぶりだし、後半は連敗もあって苦労していたし、特に主将に就任して5年間優勝できなかった坂本選手はやっと報われた感じでしょう。

こうなると、やっぱり原監督の株が益々上昇ですね。復帰1年目で優勝ですからね。
確かに原監督は名監督なんでしょうけど、優勝できなかった時代の高橋由伸監督の評価はどうなのか?

広島 田中広輔 打率最下位

今朝のスポーツ新聞を見て気づきましたが、規定打席に達している選手でセ・リーグ打率最下位は田中広輔選手なんですね。
なんと昨日時点で1割7分2厘。

さすがに1割台の打率はヤバイ気がする。
今年広島の調子が出ないのはこの辺が理由なのか?

逆に考えれば若手選手にはチャンスかも?
広島には期待のルーキー小園くんがいるからね。

と思って小園くんの2軍成績を調べてみると、こちらもどうやら打率1割台と苦戦中の模様。
まだまだプロの洗礼を浴びている最中みたいですね。

王 柏融(ワン・ボーロン)

台湾球界から日本ハムファイターズに入団した王 柏融(ワン・ボーロン)外野手、やっぱり良さそうですね。
侍ジャパンとの対戦で則本からバックスクリーンにホームランを打った印象が強いですが、実力は本物のようですね。
今年どれだけの成績を残すか楽しみな選手です。

当時は名前の読み方も分かりませんでした。
日本ハムの登録名では王 柏融(ワン・ボーロン)になってるので、それが日本っぽい読み方なんでしょう。

清宮くんも外野のポジションを争うなら厳しい相手ですね。

岩隈久志 巨人入り

ビックリしました。
マリナーズを退団した岩隈久志投手が巨人入りですか。

てっきり楽天復帰かと思っていましたが原監督狙っていたんですね。
原監督も復帰早々動いてますね。

問題は岩隈投手のコンディションですよね。
全盛期のようなピッチングができるならば当然戦力になるでしょうが。
蓋を開けてみないと分からないような気もしますね。

山川穂高 年棒1億1千万円

西武の山川穂高選手が契約更改し7760万円アップの1億1000万円でサインですか。
ホームラン王ですしアップは当然ですが、個人的には「今頃1億円突破か?」って感じですね。
それくらい今年は4番が定着していたし、もう何年も主軸を打っているような安定感も感じられたのですが、実質はここ2年くらいなんですね、1軍で結果を出し始めたのは。
でも、まだまだこれから上がっていくでしょう。右の和製大砲は貴重な存在ですから頑張って欲しい。