増井浩俊 オリックス入団

日本ハムからFA宣言していた増井浩俊投手のオリックス入団が決まりましたね。
背番号17番。いい番号。期待されてますね。

リリーフで活躍が期待されていますが、増井投手が活躍できるかどうかでオリックスの来季の成績は大きく左右されそうですね。

オリックスは地味な印象ですが、けっこういい選手もいるから、かみ合えば今年のDeNAのようなブレイクはあり得ると思う。
これにイチローが加わればっても思いますが無理かな?

新人王 2017

2017年、新人王が決まりました。
パ・リーグが西武の源田壮亮、セ・リーグが中日の京田陽太
共にショートの選手が受賞しましたね。

今年はいいショートが多いと思いましたが、新人の源田も京田も新人王を獲得しましたね。
二人は先日行われた侍ジャパンメンバーにも選ばれて、どっちがショートを守るのかな?と思って見ていましたが、ショートは源田でセカンドに京田でしたね。
二人とも甲乙つけがたいいい選手ですが守備面ではやや源田、攻撃面ではやや京田って感じでしょうか?

他にもソフトバンクの今宮、楽天の茂木など若いいいショートが増えましたね。

源田も京田もドラフト1位ではない。
ドラフトの順位イコール、必ずしも即活躍とは繋がらないものですね。

プロ野球 ベストナイン 2017

今年2017年のプロ野球ベストナインが発表されましたね。

パ・リーグ
投手 菊池 雄星(西武)
捕手 甲斐 拓也(ソフトバンク)
一塁手 銀次(楽天)
二塁手 浅村 栄斗(西武)
三塁手 Z.ウィーラー(楽天)
遊撃手 今宮 健太(ソフトバンク)
外野手 柳田 悠岐(ソフトバンク)
〃  秋山 翔吾(西武)
〃  西川 遥輝(日本ハム)
DH  A.デスパイネ(ソフトバンク)

セ・リーグ
投手 菅野 智之(巨人)
捕手 會澤 翼(広島)
一塁手 J.ロペス(DeNA)
二塁手 菊池 涼介(広島)
三塁手 宮﨑 敏郎(DeNA)
遊撃手 田中 広輔(広島)
外野手 丸 佳浩(広島)
〃  鈴木 誠也(広島)
〃  筒香 嘉智(DeNA)

やはりセ・パ共に優勝チーム、CS進出チームからの選出が多いですね。
セ・リーグは野手8人が広島とDeNAで独占。
数年前ならBクラスのチームが・・・

逆に言えば、来年は全く違う結果になってもおかしくないってことですね。

松坂大輔 ソフトバンク退団

ソフトバンクが来季、松坂大輔投手と契約しない方向で決まったみたいですね。
とうとうソフトバンクも見切りをつけたか。

仕方ない決断でしょう。
3年で1軍登板は1試合だけ。
その1試合も消化試合のテスト的登板だったし、実質チームには全く貢献していない。
それで3年12億じゃ、給料泥棒呼ばわりされても文句言えないよな。

本人は現役続行を希望しているらしいですが、NPBで契約してくれる球団はないんじゃないですかね。
どうしても現役を続けたいなら、独立リーグとかアジアの海外チームとか、どこでも契約しれくれるならやるくらいのハングリーさがないと難しいでしょうね。
そこまでの覚悟があるなら応援したいけど。

巨人・菅野智之 沢村賞

巨人の菅野智之投手が沢村賞を受賞。
最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲っているので納得ですが、意外だったのは巨人では15年ぶりなんですね。
2002年の上原浩治投手以来だそうです。

確かに、その間の巨人のエースと言っても直ぐに頭にピンと浮かばない。

一浪してでも巨人に入って良かったね。

村田修一 戦力外

巨人が村田修一選手を来季戦力外構想ってことで自由契約にすることを発表しましたが、果たして村田修一選手は来年どのチームでプレーするのか?

36歳で今年の成績を見ても、まだまだプレーできる選手だと思います。
流石に若い頃のようなタイトルを狙える程の活躍は厳しいと思いますが、手を上げる球団はあるでしょう。

で、勝手に村田選手を欲しがりそうなチームを考えてみました。

まず、パ・リーグはDHがあるのでどのチームもあり得そう。
でも村田選手は打力が評価されていますが実は守備も上手な選手なので、できればサードで出れそうなチームに行ってほしい気もします。
パ・リーグでサードで出れそうな球団と考えるとロッテ辺りでしょうか。
オリックスだと小谷野選手との争いになるが、どうでしょう?
楽天、日本ハムは外国人選手との競争ってことになるか。
村田選手の地元は福岡ですが、ソフトバンクは松田選手が不動だからな~

セ・リーグだとヤクルト、中日辺りはチャンスがありそう。
広島って感じじゃないし、阪神は不動の鳥谷。
古巣DeNAは今年首位打者を獲得した28歳の宮﨑がいるので最も無さそう。

と考えると、セ・パ共に、今年Bクラスに終わった球団になりそうな気がする。

阪神 新井良太 引退

阪神、新井良太選手が引退会見をしたようですね。

お兄ちゃん新井貴浩は広島に戻って、まだ頑張っていますが弟良太は一足先に34歳で引退。
兄弟で阪神で活躍した姿は記憶に残ります。
しぐさとか似てたもんな~

お疲れさまでした。

4番ピッチャー大谷翔平

「4番ピッチャー大谷翔平」

高校野球なら不思議ない響きですが、現代のプロ野球でこれを実現したんだから凄いですね。
自分が子供の頃なら考えられない、まるで水島新司の漫画に出てきそうな世界。

やりたくても現実的にプロでは無理というのが今までだったと思いますが、大谷翔平は常識を覆した選手という存在なんでしょうね。

しかも、しっかり完封で勝利。きっちり結果も残す。

大谷選手にとっては日本最終登板になりそうな試合で栗山監督ということもあったと思いますが、結果を残すとご意見番もコメントしずらいでしょうね。

アメリカでも二刀流見れると面白いけどな~

巨人 片岡治大 引退

残念ですね。
巨人の片岡治大(かたおか・やすゆき)選手引退ですか。

34歳。このレベルの選手にしては若い引退ですね。

西武時代は4年連続盗塁王でいい選手だったけどな~
WBCでも活躍したし。

FAで巨人に来てからはケガがね・・・
俊足が売りの選手が走れないんじゃな~
ホームランバッターじゃないだけに。

でも潔い引退だと思います。
ダラダラ現役にこだわる過去の名選手もいるだけに。
世代交代も全体を考えると大事ですからね。

しかし改めてケガをしない44歳イチローの凄さを感じます。