松坂大輔 ファンに右肩やられる

中日の松坂大輔投手が右肩に違和感で当分ノースロー調整になるらしいですね。
最初の報道からだと「またか?大丈夫か?」と思ってしまいましたが、原因はファンとの接触だったらしいですね。ファンに引っ張られたらしけど、どの程度だったのでしょう?
右肩に違和感が出る程だから強く引っ張られたのかも知れませんが、意外と軽かった可能性も否定はできないと思います。ブーマーと門田選手のハイタッチみたいに。

いずれにしてもピッチャーにとって肩は生命線ですから、ファンとの接触も慎重にならないといけませんね。
場合によっては握手も要注意でしょ。

鈴木誠也 バット

日刊スポーツが広島、鈴木誠也選手がバットのサイズを変更したことを紹介していました。

【変更前】
長さ 86.5センチ
ヘッドの太さ 直径65.2ミリ
グリップの太さ 直径25.0ミリ
重さ 900グラム

【変更後】
長さ 85.1センチ
ヘッドの太さ 直径64.0ミリ
グリップの太さ 直径25.0ミリ
重さ 900グラム

長さが1.4ミリ短くなって、ヘッドが1.2ミリ短くなったんですね。
ミリ単位の微調整。極僅かな差に感じますが、プロの世界はそれで感覚が変わってくるんでしょうね。

グリップの太さも変わってはいませんが、小指がかかりやすいような形状に微調整されたそうです。

そういう微調整までオーダーできるプロってのには、やっぱり憧れますね。

プロ野球2019 背番号「18」

昨日の日刊スポーツで今年の背番号「18」の選手に注目して記事が書いてあったので、改めてまとめてみました。
今年2019年シーズンで背番号「18」を着ける選手たちです。

【広島】空番
【ヤクルト】寺島成輝
【巨人】菅野智之
【DeNA】三浦大輔(コーチ)
【中日】松坂大輔
【阪神】馬場皐輔

【西武】多和田真三郎
【ソフトバンク】武田翔太
【日本ハム】吉田輝星
【オリックス】岸田護
【ロッテ】涌井秀章
【楽天】空番

背番号「18」はやっぱりピッチャーの番号ですね。
今年DeNAの投手コーチに就任した番長三浦大輔さんも含めて全員投手。

新人ではやっぱり注目される日本ハムの吉田輝星投手。将来のエースが期待されてのことでしょう。

今年変更で「18」を着けるのが中日の松坂、巨人の菅野、ロッテの涌井。
巨人の菅野は文句なしのエースなので誰もが納得だと思います。
松坂、涌井の横浜の先輩後輩はピーク時の活躍が期待されますね。どこまで復活できるか。

プロ野球 キャンプ地2019

いよいよ2019年のキャンプインですね。
どのチームがどの場所でキャンプインするにかチェックしてみた。

1軍キャンプ地

【巨人】
宮崎市・KIRISHIMA宮崎総合運動公園(2/1~11)
那覇市・奥武山公園・総合運動場(2/13~28)
【阪神】
宜野座村・宜野座村野球場(2/1~27)
【DeNA】
宜野湾市・宜野湾市立野球場 (2/1~27)
【広島】
日南市・天福球場/東光寺球場(2/1~13)
沖縄市・コザしんきんスタジアム(2/15~26)
【中日】
北谷町・北谷総合運動公園野球場(2/1~27)
【ヤクルト】
浦添市・浦添市民球場(2/1~26)
【ロッテ】
石垣市中央運動公園野球場(2/1~11)
【西武】
日南市・南郷中央公園(2/1~18)
高知市・春野総合運動公園(2/20~24)
【日本ハム】
アリゾナ(2/1~12)
名護市・21世紀の森公園(2/15~25)
国頭村・かいぎんスタジアム国頭(2/15~25)
【ソフトバンク】
宮崎市・生目の杜運動公園(2/1~28)
【楽天】
久米島・久米島野球場(2/1~9)
沖縄・金武町ベースボールスタジアム(2/11~21)
【オリックス】
宮崎市・清武総合運動公園(2/1~3/3)

2軍キャンプ地

【巨人(2軍)】
宮崎市(2/1~26)
【巨人(3軍)】
那覇市(2/1~11)
宮崎市(2/13~28)
【阪神】
高知・安芸市営球場(2/1~27)
【DeNA】
嘉手納町・嘉手納野球場(2/1~26)
【広島】
日南市・天福球場/東光寺球場(2/5~26)
【中日】
読谷村・平和の森公園野球場(2/1~28)
【ヤクルト】
西都市・西都原運動公園野球場(2/1~25)
【ロッテ】
石垣市中央運動公園野球場(2/1~21)
【西武】
高知市・春野運動公園、東部総合運動場(2/1~27)
【日本ハム】
国頭村・かいぎんスタジアム国頭(2/1~23)
【ソフトバンク】
宮崎市・生目の杜運動公園(2/1~28)
【楽天】
久米島・仲里野球場(2/1~18)
【オリックス】
宮崎市:清武総合運動公園(2/1~28)