メジャーの2番バッターと日本の2番バッター

侍ジャパンとメジャー選抜チームとの試合が行われていますが、2番バッターの考え方が日本とメジャーでは全く違うのが分かりやすい。

今日の日本の2番は菊池。何でもできるタイプの2番バッター。日本の昔ながらの典型的な繋ぐ2番バッター。

一方、メジャー選抜チームの2番はベテラン、モリーナ。
小技で繋ぐって感じよりはシンプルに打って繋ぐって感じですかね。

レギュラーシーズンを見ても、メジャーの2番はパワーヒッターが多い。
大谷翔平選手もエンゼルスで2番を打った試合もありますし、エンゼルスの顔、トラウトが2番を打ったりしている。

2番バッターの考え方の違いなのか、贅沢なようにも見える。

今の侍ジャパンならば山田哲人が2番とかだと厚みを感じたりもしますが、日本のスモールベースボールだとやっぱり繋ぐ2番って感じなのかな?