日本ハムのエースナンバーは背番号「11」?

プロ野球のエースナンバーは背番号「18」というイメージがありますよね。

それは巨人のエースナンバー。
巨人の歴代エースと呼ばれていた人たちが着けていたからですよね。

エースナンバーって別に定義されているわけじゃないので、世間一般が勝手に決めることだと思います。

他球団で言うと中日は背番号「20」がエースナンバーらしいですね。

で、今年のドラフトで日本ハムが1位指名した注目の金足農業・吉田輝星投手の背番号はどうなるのか?
近年、ダルビッシュ→大谷とつけてきた「11」をつけるのか?
ダルビッシュ投手は是非つけて欲しいと推薦しているようですが、どうやら背番号「11」は来季空番になりそうな流れらしい。
ってことは日本ハム球団としては日本ハムの背番号「11」はエースナンバーとして特別な背番号と位置付けているってことなんでしょうね。

じゃ吉田くんは何番になるのか?
今年の空番だと「18」も空いてるな~
斎藤佑樹投手が奪われた番号だけど・・・

やっぱり「11」の方が出世しそうだな。

ドラフト 大阪桐蔭 柿木蓮 横川凱

ドラフトのニュース。
やっぱり根尾くんや吉田くんなどドラ1選手の注目度が高いですね。当たり前ですが。

私が個人的に気になったのが大阪桐蔭の投手二人の順位ですね。
エースの柿木蓮が日本ハムのドラフト5位で、背番号10だった横川凱が巨人のドラフト4位。

大阪桐蔭の場合選手層が厚すぎるのでエースの柿木と2・3番手根尾、横川との力差はないのかも知れませんが、柿木投手は甲子園優勝校の背番号「1」を背負ったというプライドはあるでしょう。柿木くん悔しさはあるんじゃないでしょうか?

プロの評価は冷静ってことなんでしょうね。
甲子園でのピッチングを見ると横川投手も素晴らしいだと思いました。
柿木くんより早く指名された理由は左腕というのが大きいんでしょうね。左投手は貴重な存在ですから。
将来的には中継ぎ候補かな?

2018ドラフト傾向

いよいよ今日ドラフト会議ですが、だんだん各球団の傾向が見えてきているようです。

報道によると、どうやら今年は根尾、小園のショートの2選手が人気のようですね。
高校生のショートがこれだけ人気を集めるドラフトは珍しい気がします。

普通はピッチャーに注目が集まるものですが、それだけショートの内野手に人気が集まるということは、この2選手の能力が高いというのはもちろんですが各球団いい内野手が欲しいってことなんでしょうね。

そうなると意外と注目の金足農業・吉田投手は一本釣りする球団がでそうな雰囲気もありますね。

高橋由伸監督 辞任

巨人の高橋由伸監督が辞任。
3年間で優勝できなかった責任ってことですが、特に巨人の監督は結果を求められるだけに厳しいか。

後任候補が誰なのか気になるところですが早くもほぼ決まったような感じで名前が挙がってますね。
なんと三度、原辰徳さん。

実績なら巨人OBとしては文句なしだと思いますが、個人的には3年で戻ってくるならそのまま辞めずに続けた方が良かったんじゃないの?って思ってしまう。
3年前、高橋由伸監督を選んだのは世代交代を狙ったからじゃないのか?

佐藤由規 自由契約

ヤクルトを自由契約になった由規投手。
入団の時も退団の時も涙。らしいな。

本人は現役続行を希望しているようですね。
もう一度あの速球を見てみたいが、問題は肩のコンディションですね。どうなんでしょう?
地元、楽天が興味を示しているということですが、投げられないことにはな・・・

ピッチャーの辛いところです。