野球殿堂入りの条件

松井秀喜さんが史上最年少の43歳で野球殿堂入りとなりました。
松井秀喜選手は巨人でもメジャーのヤンキースでも大活躍した選手ですから選出事態に意義はありません。
ただ国民栄誉賞の時もそうでしたが、松井秀喜さんが名誉ある賞を受賞すると、1歳年上のイチロー選手の凄さに改めて気づかされます。
今年はどこでプレーするのかな?

ところで野球殿堂入りの条件ってなんなのか、気になって調べてみました。

松井秀喜さんと金本知憲さんが受賞したエキスパート部門。
これは引退して5年以上21年未満という条件があるそうです。
松井さんは2013年引退で、5年という条件がクリアされて直ぐに受賞したことになります。
イチロー選手は現役でいる限りは受賞はないってことになりますね。

次に原辰徳さんが受賞したエキスパート部門。
監督、コーチ、審判もしくは21年以上選手経験が条件だそうです。

最後にアマチュアが対象の特別表彰。
今年は元中京商(現中京大中京)の捕手、部長、監督などで甲子園で4度優勝している故・瀧正男さんが受賞。
確か過去には正岡子規なども受賞してましたね。