仙台育英 対 大阪桐蔭 魔物現る

出ましたね。甲子園の魔物が!

「仙台育英 対 大阪桐蔭」のゲーム。

1点リードされて9回2アウト、ランナー無しまで追い込まれた仙台育英がまさかの逆転サヨナラ勝利。
甲子園の魔物が今年も現れたって見てて感じました。

9回2アウトの場面からライト杉山君がセンター前のヒット。
そして盗塁成功。
ま~~ここまでなら普通の粘りって気もしますが、徐々に魔物が近づいている予感。。。。

そして、あのまさかのプレー。
万事休すと思ったショートゴロが、大阪桐蔭のファースト中川君がベースを跨いでいて踏むのが遅れる。
誰もがゲームセットと思ったが1塁塁審はしっかり見ていてセーフ。
「魔物が顔を出したか。」と思いましたね。

そして満塁で仙台育英・馬目くんのキレイな右中間を破るサヨナラヒット。
完全に「魔物が出た!」と確信。

 

大阪桐蔭の先発・柿木くんはナイスピッチングで9回2アウトまで仙台育英打線は捕まえきれてませんでしたからね。
それが2アウトから球威に押されずにヒットが出るって、仙台育英側からすれば魔物が与えてくれた集中力か。

今年の仙台育英は宮城県大会から再試合で最後の代表校になるなどミラクルが多い。
優勝候補の大阪桐蔭まで喰ってしまうとは、東北出身としては優勝旗が東北にやってくるのか気になるところです。

 

一方、敗れた大阪桐蔭。
ベースを踏み損ねた1塁・中川君、登板せずに甲子園を去ることになったエース徳山君。悔しいでしょうね。
でも誰も責められないナイスゲームだったと思います。

しいて言うなら、冷静にジャッジした一塁塁審にアッパレ!ですね。