国際武道大 勝俣翔貴(かつまた しょうき)

国際武道大 勝俣翔貴(かつまた しょうき)

所属:国際武道大
ポジション:内野手(右投げ左打ち)

生年月日:1997年7月20日
出身地:神奈川県箱根町
出身高校:東海大菅生(東京)
出身中学:箱根町立箱根中学(小田原足柄リトルシニア)

身長:180cm
体重:80kg

2年前、東海大菅生のエースで4番だった勝俣翔貴(かつまた しょうき)選手。
現在は国際武道大の2年で、先日の大学選手権では3番サードで活躍。

東海大菅生時代はセンバツ甲子園に出場。しかし夏の甲子園には出場できず。
思い出されるのは夢を絶たれた早稲田実業との西東京大会の決勝。1年生の清宮フィーバーが始まった年。
8回の時点で5点リード。優勝目前だった8回にまさかの8失点で逆転負け。
その時のエースが勝俣翔貴投手。

当時からバッティングも高く評価されていて、U18侍ジャパンのメンバーに選ばれ打者として活躍。

大学進学後は内野手に転向していたのは最近知りました。

2年前もドラフト候補に挙がっていたようですが、ドラフトはされず大学に進学。
個人的にちょっと気になったのが、「東海大菅生なのに東海大に進学じゃないんだ?」
でも、よく調べてみると国際武道大も東海大グループらしいですね。

2年生で大学でこれだけ活躍しているということは、2年後のドラフトは上位指名の可能性高いのではないでしょうか。