守備妨害と走塁妨害

センバツ甲子園の開幕ゲーム。
広島の市呉が延長戦の接戦で至学館(愛知)を破りました。

そのゲームの終わり方。
三塁ゴロを獲りに行った三塁手と2塁走者が交錯し、結果守備妨害となり試合終了となりました。

負けた至学館高校は一応抗議というか審判に確認に行っていましたが、やはり守備妨害が正しい判定ですね。
けっこうよくあることなので、覚えておいた方がいいプレーですね。

 

守備側の野手とランナーがぶつかった場合、通常は守備優先なので守備妨害という判定になります。
両者とも故意にぶつかった訳でなければ守備優先と覚えておきましょう。
だからランナーは避ける必要があるということですね。

逆に走塁妨害となるケースは、守備側が捕球した後に走者の邪魔をしたりすれば走塁妨害ってことですね。