田中将大 肘

ヤンキースの開幕投手に指名されている田中将大投手、オープン戦の結果を見るとここ数年でも最も良い仕上がりで来ているようですね。

その理由は肘の不安がなくなったってことなんでしょうね。

2年前でしたね。右肘を手術するかどうかって話題になっていたのは。
トミー・ジョン手術をすれば2年間は登板できない。
心配しましたが、結果的にトミー・ジョン手術を回避しPRP療法という新しい治療法での回復を選んだ。

その決断が吉に出たってことでしょうね。

去年の前半は、まだ右肘が万全には見えませんでしたが、後半は好成績で結果13勝を挙げました。
だんだん肘の状態が上がっていったんでしょうね。

今のところ、その良い流れをキープしている様子。
田中将大投手、本来の力が出せれば今年は相当活躍が期待できると思います。
キーポイントは右肘の状態ですね。
メジャーはローテーションの間隔が短いし、休みも少ないので1年間フルで怪我なく行ければいいですけどね。