イメージと体の動きのズレ

野球はフォームが大事なスポーツです。
投球フォーム、バッティングフォーム。
野球選手なら誰しも理想のフォームを頭でイメージしながら練習していると思います。

でも、このイメージ通りに体が動いているかというと、なかなか難しい。

自分が理想としている腕の角度で投げているつもりが、実はズレている。
理想のフォームより体の開きが速い。
など、自分で自分は見れませんから。

自分を客観的に外から見るって大事です。

武井壮さんも、確かそんな事を言っていました。
「自分自身がイメージ通り動けていないのに、イメージ通りの結果が出るわけがない。」ってなことを。

だから監督やコーチといった存在が大きくなるんでしょうね。
他人の目からチェックしてもらえるから。

幸いなのは、現代はカメラが手軽に普及していることですね。
本格的なカメラじゃなくても、スマホで撮影してチェックすることもできますからね。いい時代です。