身長の低いプロ野球選手

平均身長180cmのプロ野球の世界で、身長が低くても頑張って活躍しているプロ野球選手がいます。
どんな選手がいるのかご紹介しましょう。

プロ野球選手低身長ベスト10(2016年)

1位 163cm
内村健介(DeNA・内野手)
水口大地(西武・内野手)

3位 167cm
谷元圭介(日本ハム・投手)
石川雅規(ヤクルト・投手)
野田昇吾(西武・投手)
柴田竜拓(DeNA・内野手)
西野真弘(オリックス・内野手)

8位 168cm
三輪正義(ヤクルト・内野手)
松本哲也(巨人・外野手)

※参考・中学野球太郎

こうやって見てみると、やはり俊足が売りの野手が多い印象です。
パワーよりもスピードを生かす野手ならプロ野球でも生き残れる可能性が高くなるってことでしょうね。

投手だと左腕がポイントになると思います。
ヤクルトの石川投手、西武の野田投手は左腕です。
低身長ベスト10には入っていませんが、巨人の田口麗斗投手なども171cmと低身長。
左投手は先発以外にもワンポイントの中継ぎなど貴重な仕事ができる点が大きいんでしょうね。

そんな中、日本ハムの谷元投手はスゴイ。
普通に右投げで上手投げ。
変則フォームで相手をかわすという感じじゃなく、普通に勝負しているのがスゴイですね。何か秘訣はあるんでしょうが。

身長の低い野球少年には参考にしたい選手達だと思います。

>プロ野球長身選手ベスト10

 

身長の低いプロ野球選手” への1件のフィードバック

ただいまコメントは受け付けていません。